昔作ったF1のプラモデルを発見!

  • 投稿日:

F1プラモデルいろいろ

実家の片付けをしていたら昔作ったF1のプラモデルを発見しました。頑張って作ったなあ、懐かしい・・・。

Jordan 191

このマシンは美しかった。ジョーダン191。ミハエル・シューマッハ選手がデビューしたマシンとしても有名ですね。

Tyrrell 020

Tyrrell 020。中嶋悟選手ラストイヤーを戦ったクルマです。中嶋選手の乗車ポジションを忠実に再現(したつもり)。前年のチャンピオンマシンに搭載されていたHonda V10エンジンを使うということで期待されたマシンですが、エンジンを換装したことでリヤが重くなったことに加え、空力レギュレーションの変更でフロントのダウンフォースが足りなくなる、すぐにタレるピレリタイヤなど、バランスを欠いたクルマになってしまいました。

Tyrrell 020

これがそのHonda V10エンジン。アイルトン・セナ選手をチャンピオンに押し上げた名機です。

Tyrrell 020

キットにはついていなかったので、厚紙でフロントウイング翼端版のボーテックス・ジェネレーターを自作して取り付けています。

MP4/7

こちらはマクラーレンMP4/7。この頃からひねくれていて、セナではなくベルガー車です。

1993 CART ニューマン・ハース マンセル車

これはF1ではなく、1993年アメリカCARTシリーズでナイジェル・マンセル選手が搭乗してドライバーズチャンピオンを獲得したマシンです。マンセルファンとしては外せない一品。

FW14B

で、マンセル選手と言えば1992年シーズンを支配したウィリアムズFW14B。1/24に加え、12,000円(当時)もした1/12モデルも用意しています。小さい方はクラッシュしたようで、リアウイングのロアエレメント以外が脱落していますね。

FW14B and MP4/6

高いプラモデルがもう1台。Hondaファンとしては外せないMP4/6です。

FW14B and MP4/6

正面からのショットも。この間はこれの実車デモ走行を見られるはずだったのですが、トラブルのため走行せず。残念でした。ちなみにこちらもセナではなくベルガー車。徹底的にひねくれています。

これまでずっと実家に置いてもらっていたのですが、このたび1/12の大型を除いて処分しました。プラモデルはかっこいいけど作るのが面倒なので、今後買うなら完成品のミニカーですかね。F1もかっこいいし、GT500のHSV010とかGT-Rもほしいです。