マツダ純正ドライブレコーダーC9T1-V7-590(DREC200同等品)を装着

  • 投稿日:

C9T1-V7-590/DREC200

以前から迷っていたのですが、定期点検を機にドライブレコーダーを取り付けました。運転しているとひやっとすることがちょくちょくありますし、人口の多い場所に住んでいるからもらい事故も含めると事故の確率はわりと高いのではないかと心配だったのです。奥さんが運転することも多いですし、自分もドライブ中に目の前の車が事故を起こしたのを見たことがありますしね。何かあった時には映像が証拠になるということなので早めに手を打つことに。

C9T1-V7-590/DREC200

今回選んだのはマツダ純正品扱いの、C9T1-V7-590(富士通テンECLIPSEのDREC200同等品)です。以前に海外製の格安バックカメラをネットで買ったら使えないという経験をしていたので、今回はその反省を生かしてディーラーさんへ純正品を発注。石橋を叩いて渡ります。取り付けはプロに任せられるし純正品だから保証もあるので安心です。エンジン始動と連動して自動的に起動して録画を開始してくれますし、衝撃を検知して映像を保護する機能もあるとのこと。GPS内蔵で位置情報まで記録しているそうです。

C9T1-V7-590/DREC200

カメラ一体型なので、分離型よりはやはり大きめですね。自分の運転ポジションから見ると視界には入りますが上の方にあるので慣れれば気にならなくなるんだと思います。助手席だとどうなんだろ。気になるかもしれませんね。

C9T1-V7-590/DREC200

外から見ると全然わかりませんね。
録画した映像を楽しむためではなく、いざという時の備えとして導入したこのドライブレコーダー。活躍の時が来ないことを願いたいと思います。