電車とバスでアプローチ、金時登山口〜金時神社を歩く

  • 投稿日:

天下の秀峰 金時山

山男は今日もゆく。今日はソロで金時山へゆく。
2回めの金時山はソロで挑戦。今回はマイカーではなく電車とバスを使ってみました。マイカーよりはちょっと時間はかかるけれど、旅気分を味わえてよいですね。

小田原駅東口

小田原駅東口の4番乗り場から箱根登山バス、桃源台方面へ乗車します。片道1,020円。バスの運転技術がものすごいですね。山坂道に入ってからはけっこうなハイペースながらも一定の速度を保ち、実に安定した走行。ステアリング切りはじめのタイミング、スピード、角度などまったく無駄なくスムーズな操作。ブレーキとアクセルの加減も絶妙。旋回するときの横Gは当然感じるものの上半身が揺さぶられる感覚はまったくなく、また加減速時に前後方向に揺さぶられる感覚もまったくありません。こんな運転をできるようになりたい。もっと練習しないと。

金時登山口のトイレ
金時登山口の登山者用駐車場

仙石バス停で降りたら少し歩いて金時登山口へ。トイレを済ませ軽食を取り、身支度を整えたら登山スタート。

金時登山口方面へ向かう道

まずはアスファルトの道をたどって登山口へ。

金時登山口

数分歩いたらいよいよ山への入り口です。行ってきます!

金時山

木漏れ日最高。落ち葉最高。

うぐいす茶屋分岐から山頂を望む

この日は天気がよく思ったより暑い。うぐいす茶屋の分岐で一旦ザックをおろして衣類の調節、行動食を取りつつ水分補給を行いました。山頂がくっきり見えますね。

金時山頂から御殿場方面の眺望
金時山頂から箱根方面の眺望

山頂からは富士山も芦ノ湖もはっきり見ることができました。前回はあまり展望がなかったのですが、今回はばっちり。

金時登山口と金時神社登山口の分岐
金時山中のちいさな花

下山は途中から分岐し、金時神社方面へ降りました。今回はあまり急がず、路傍の植物の姿を楽しみながらのんびり歩きました。

金時神社

無事に下山。コースタイムよりはずいぶん早かったようで、計画よりも1時間くらい早く降りてきていました。

箱根のネルフ
箱根のネルフ
箱根のネルフ
箱根のネルフ
箱根のネルフ

金時公園はトイレがネルフでした。ちいさな案内板のフォントなど細部にまで徹底的に作り込まれていて、狂気本気を感じます。こっちのほうが登山中よりたくさん写真撮ったかも。

マイカーだと帰路の運転とか渋滞したときなどの負担が気がかりですが、電車とバスだと移動時間はゆっくりできるのでこれはこれでアリかな、と思いました。自分で運転しないと暇といえば暇なので、うまく組み合わせてゆきたいと思います。