Untitled

うちの子供ですよ。子供がハマっているアイカツ!シリーズの企画展があると知ったので、子供を連れて行ってきました。そんなに広くはない会場でしたが、思ったよりも展示内容が充実していて大満足でした。

Untitled

小学生以下無料だし、先着順の来場者特典ももらえるということで行ってきました。テヅカツ!はよくわかりませんでした...。

Untitled

アイカツスターズ!に登場するアイドルたちのサインと、主人公ユメ・ニジノ。

Untitled

ヴィーナスアーク主宰「エルザ様」ことエルザフォルテ。何でしょう、こめかみのあたりにシワが...結構なことね。

Untitled

ゆずだゾ!かわいいゾ!

Untitled

展示の中に、なにやら謎の部屋が。どうやらシリーズの初代である「アイカツ!」の主人公・星宮いちごが学内で生活する寮の部屋をイメージした「いちごの部屋」だそうで、関東初展示なんだそうです。まだまだ勉強不足なことを痛感しました。

Untitled

たしかにこの部屋だ!
他にもいろいろ盛り沢山な展示が目白押しで、事前の期待を上回る充実した企画展でした。

IMG_3264
IMG_3265

関東マツダさんのLINE@キャンペーンでミニカープレゼントという企画をやっていたので、これまでも何度か応募していたんです。応募するたびに外れて悔しい思いをしていたのですが当たりました!いやあうれしいなあ。2018年のマシン「RT24-P」もかっこいいので、それが賞品になったらまた応募しようっと。

自力でスタッドレスへ交換した

  • 投稿日:

IMG_3262
IMG_3263

どのくらいぶりかわかりませんが、自力でスタッドレスへ交換しました。先日購入した油圧ジャッキとトルクレンチを使ったら、楽ちん&作業が早い!こんなに楽ならもっと早く買っておけばよかったよ〜と思いました。車載のパンタグラフジャックをぐるぐる回して重い車体を持ち上げるのは苦しかった。油圧ジャッキ最高!あとトルクレンチ、緩めるのも締め込むのもすんなりできて最高!

IMG_3260

ひさしぶりにキャンプ・登山関係の買い物をしました。SOTO スライドガストーチ レザーケース、色はネイビーです。本体は通常色しか持っていなのですが若干オシャレ感が足りなかったのと、このレザーケースは2018年秋冬限定品ということだったので予約注文しました。

IMG_3257
IMG_3258
IMG_3259

暗めの室内&電球の下で撮影したので黒っぽく見えますが、実物は想像したよりも明るい青でした。本体を入れるときにはかなりキツかったのですが、革なので時間が経つと馴染むのでしょう。あたたかくなったら、これを持ってキャンプへ行こう!

IMG_0772

このところ毎年行っていますが、今年も行ってきました、Honda Racing THANKS DAY 2018。今回はいつものメンバーではなく、比較的最近モータースポーツを楽しみ始めたご近所の友達二人と一緒でした。お二人は普段テレビでのモータースポーツ観戦を楽しんでいらっしゃるのですが、F1に始まってスーパーGT、スーパーフォミュラ、BTCC、インディカーなど幅広くその対象を広げているようで、なんかもうすごい勢いなんです。ちょくちょくサーキット行こうよ〜本物はいいよ〜と誘ってはフラれ続けていたのですが、今回ついにその夢が叶うことに!ふたりとも楽しめたみたいでよかったです。
今回は「ドライバーに会いたい!」をテーマに計画を練りました。いつものメンバーのときはマシンと走行目当てでドライバーとの距離は二の次だったので、自分としてはじめての試み。あと、MotoGPの時は朝も夕方もひどい渋滞にハマってしまい入場に1.5時間、退場に2時間くらいかかったという苦い思いを味わったのですが、サーキット初体験なのにネガティブな印象を持ってほしくないと思い、できるだけストレスなく往復できるように計画してみました。

というわけで今回のプランは次の通り。名付けて「ごめん二輪ライダー完全無視プラン」です。

  • 朝7:00に現地着
  • 場内ループバスで正面入口へ移動
  • ドライバーサイン会の抽選
  • パドック散策、マシンの写真撮影など
  • ピエール・ガスリー選手のトークショー観覧
  • カートカップでドライバーたちを目の前で観察
  • SSWウォークからのサンクスセレモニー、レッドカーペット前でのサイン狙い!
  • グランドスタンドでデモランを観戦
  • パルクフェルメウォークでマシンを間近で眺め、撮影
  • チキチキ駐車場脱出レース
  • 常磐道〜首都高渋滞バトルを経て帰る
さて、どうなることやら...?

IMG_0771
IMG_0773
IMG_0774

パドックでのマシン撮影は、比較的人の少ない早朝がオススメ。
まずは本日の主役、トロロッソのF1マシンSTR13です。はじめは2017年モデルの色だけ変えた「プロトタイプ」かと思ったらいきなりモノホンで焦りました。そしてその奥にはGTマシンの練習に臨むピエール・ガスリー選手が!現役F1ドライバーといきなり遭遇してしまいました。細くてかっこいい...。

IMG_0775
IMG_0766

古いマシンから最新型まで。レーシングカーはかっこいいですね。うん、いい。

IMG_0776

ガスリー選手のトークショー。思ったよりも近くではっきり見ることができました。2016年のアロンソ選手・バンドーン選手の時はかなり遠くから小さ〜く見えたので、なんだか得した気分です。

IMG_0780
IMG_0781

キャータクマサーン!2019年はまたインディ500勝ってくださいね―!あと年間チャンピオン!期待してます!

IMG_0792

カートの表彰式が目の前でした。1時間立ちっぱなしで待ちましたがそのかいがあったというもの。そもそもそんなに長時間待とうと思ったのは同行した二人のおかげだし、待ち時間も二人のおかげで退屈せずに楽しく過ごすことができました。

IMG_3220

そしてSSWウォークです。去年はスタンドから見ていたのですが、SSWに陣取っていると運がよければハイタッチできたりサインをもらえたりするみたいです。なので今年は挑戦してみることに。

IMG_3223
IMG_3229
IMG_3233
IMG_3237
IMG_0793

ち、近い!すごい!亜久里さんとか中嶋さんとかトストさんとか、枚挙にいとまがありません。

IMG_3242
IMG_3241
IMG_3240

お友達が、見事にサインをゲットしていました。山本選手、ガスリー選手、琢磨選手のサイン。バトン選手は残念ながらサインを貰えませんでしたが、それでも目の前!いやあ挑戦してみるもんですね。ほんとにサインもらえるんだ。

IMG_0806
IMG_0814

100号車おめでとうございます。NSXかっこいいな。無塗装カーボン地むき出しの99号車はガスリー選手&ハートレー選手欠場のため急遽代役に抜擢された琢磨選手が乗り込みます。

IMG_0827
IMG_0826

パワーユニット時代になってからのF1マシンをはじめて生で見ました。確かに音はとっても静かですがめちゃくちゃ速い!加速が尋常じゃないし、左右の動きがクイック!シャープ!あれでコンストラクターズ9位なんだ...。

IMG_3245
IMG_3247
IMG_3248
IMG_3252
IMG_3253

楽しい時間はあっという間。パルクフェルメウォークで全てのイベントは終了しました。

今回はいつもと違ったメンバーだったのですが、一緒に過ごす人が違うと同じイベントでもこんなに印象が違うのかと、自分も勉強になりました。あとはなんといってもサーキットでの時間を楽しんでくれたり、ドライバーとの至近距離での遭遇やサインゲットなどといった貴重な体験もできて、本当によかった。来年はいくつかレースを見に行きませんか―?

ツキイチHYAKKEI

仕事帰りに、Facebookで見かけたイベント「ツキイチ.HYAKKEI」というイベントへ遊びに行ってきました。ガチでモノホンでオシャレなアウトドア勢が老若男女問わず集っていて、なんだかこう得も言われぬ心地のよい空気感でした。みんなほんとにガチですね〜!(褒めてる)

ツキイチ.HYAKKEI

これですね。特に何をするでもなくたまたま近くにいた人とお話をしたのと、スタッフの方の自己紹介を聞くことができました。個人的にはこういう空気感、こういう距離感がいいと思います。自分では考えられないくらい山の経験豊富な方の楽しいお話を聞かせていただきとっても刺激を受けたので、まずは山小屋泊を目指してみようと思いました。あと写真を得意とされている方のお話もためになったし、その方とは帰り道が途中まで一緒でした。今後も開催予定とのことなので、また行こっと。

Untitled

家族全員揃って高尾山へ行ってきました。紅葉シーズンなのでものすごい人手でした!

Untitled

早起きして午前中には行動を終えようと思っていたものの思いっきり寝坊して、高尾山口駅に着いたのは12時前...。お腹が減ったので、登る前の腹ごしらえ。イタリアンレストランFumotoyaさんの本格ピザとパスタは、両方とても美味しかったです。

Untitled

何度か経験のある男性2名は6号路、経験の浅い女性2名は1号路で登り山頂で合流しました。6号路は比較的空いていて歩きやすかったです。「上り一方通行」を無視したのか気づかなかったのか、降りてくる人がそれなりいたのは若干気になりました。

Untitled
Untitled

真夏に登ったときはかなり体力を消耗して思いっきりバテてしまいましたが、肌寒い秋の季節は余力を残して楽しむことができました。

Untitled

山頂!きれいに晴れて、遠くまでよく見通すことができました。

Untitled
Untitled
Untitled
Untitled

赤緑黄色、色とりどりの木々が美しい。秋ならではの景色を楽しむことができました。

Untitled
Untitled
Untitled

そして第2ラウンド、トリックアート美術館を楽しみます。初めて行ったのですが、中は広くてたくさんの展示があり、それぞれ趣向が凝らされていて思いの外ゆっくり楽しむことができました。
自分の人生で、こんなに何回も高尾山へ来る日がやってくるとは思っていませんでした。今後もいろんなことを楽しんでゆきたいな、と思います。

Untitled

1日目の続きです)
息子と福島ふたり旅の2日目は、目覚めたら一面真っ白!息子を起こして雪見の露天朝風呂を楽しんだあと、着替えて外で雪遊びをしました。

Untitled

一晩でけっこう積もっていました。

Untitled

朝食もバイキング。旅行の朝食は、いつもと違ってのんびりゆっくり楽しめるので好きです。

Untitled

秋の景色と冬の景色、両方一気に楽しむことができました。休暇村ありがとう!

Untitled
Untitled

9:30ホテル発の送迎バスで猪苗代駅まで送ってもらったあとは、磐越西線で会津若松へ向かいます。

Untitled

前日まで会津若松で何をするか決めていなかったのですが、帰路のバス出発時間まで4時間ちょっとだったので鶴ヶ城観光をしてみることに。周遊バス「ハイカラさん」「あかべぇ」を利用しましたよ。

Untitled

会津と京都は縁が深くて、実家の近所の黒谷さん境内にも「会津墓地」というのがあるんですね。あらためて激動の歴史を振り返りました。

Untitled

裏磐梯は冬でしたが、若松市内はまだ秋でした。

Untitled
Untitled

昼食は鶴ヶ城そばの「シルクロード文明館」さんでホットサンドをいただきました。サラダもスープもホットサンドも、全部美味しかった!こちらはリピート決定ですよ。オヌヌメ!

Untitled
Untitled

会津若松バスターミナルへ戻りまして、高速バスに乗り込みます。

Untitled

帰りはバスタ新宿ではなく東京駅日本橋口行きに乗りました。
あまり綿密な計画を立てずに行った猪苗代〜裏磐梯〜会津若松1泊2日の旅ですが、ゆったりとした満ち足りた時間を楽しむことができて大満足の2日間でした。たまにはクルマをおいていくのもよいですね。子供と一緒の旅は本当に楽しい。また機会を作って旅へ出ようと思います。

Untitled

子供の通っている小学校が創立記念日で休みということで、こちらも1日休みをいただいて旅行してきました。目的地は猪苗代〜裏磐梯〜会津若松です。交通手段と宿泊地だけ予約したものの、それ以外はノープランです。まだ行ったことがなかったので楽しみ。ちなみに今回は珍しく往復ともに高速バスです。

Untitled
Untitled

まずはバスタ新宿へ向かいまして、朝7:30発の高速バスに乗り込みます。

Untitled
Untitled
Untitled

最近の高速バスは、USB電源とWi-Fi完備なんですね。電池残量を気にせずにスマホをゆっくり使うことができました。Wi-Fiは若干不安定だったり通信が途切れたりすることもありましたが、まあ許容範囲でしょう。

Untitled
Untitled

11:40くらいに猪苗代駅到着。ここで14:30のホテル送迎バスを待とうかと思っていたのですが...あれ?なにもない?...ヤバイ(汗)

Untitled

翌日は電車で会津若松へ向かう予定なので時刻表をチェック。なるほど、1時間に1本なんですね(汗)

Untitled
Untitled
Untitled
Untitled
Untitled

さて3時間どうやって過ごそうかと駅前をウロウロしたところ、地図中に「野口英世記念館」というものを発見。猪苗代は野口博士の出身地なんですね。知らなかった。
猪苗代駅から記念館まで歩いてゆくにはちょっと遠いのですが、バス便はとっても少ないのでタクシーを使いました。展示内容や体験設備が充実していて、ゆっくり楽しむことができました。「志を得ざれば、再び此の地を踏まず」何という覚悟。圧倒的な意志の強さを感じます。

Untitled

昼食は記念館そばの「美蕎旬菜 三城」さんのランチセットをいただきました。トロットロの豚の角煮がうまかった!
猪苗代はタクシーも記念館もレストランも、クレジットカードが使えないのにびっくりしました。このあたりは現金文化なんですね。

タクシーで猪苗代駅へ戻ったら、ホテルの無料送迎バスに30分ほど揺られて宿泊地へ到着。今回は休暇村裏磐梯を利用しました。

Untitled
Untitled
Untitled

2ベッド、バストイレ付きの立派なお部屋。最近安い宿とかキャンプばっかりだったので、天国のように快適でしたw

Untitled

枕元の集合コンセントには、USBポートもあって便利でした。
夕食までの間には息子と二人で温泉、そして卓球を楽しみました。息子は卓球が初めてですが、けっこううまくて驚きました。

Untitled
Untitled

そしてお待ちかねの夕食!今回は朝晩バイキングのコースなのです。楽しみにしていたのよ〜。1杯目をビールにしたら寒くなってきたので2杯めは熱燗を頼みました。

Untitled

ゆっくり食事を楽しんだあと、息子は寝てしまったのでぼく1人でもう一度温泉を楽しんでから部屋で読書をし、そして眠りました。
明日は会津若松観光を楽しむ予定です。(2日めへ続く

Untitled

寒い季節の登山用に、モンベル mont-bell ジオライン ラウンドネックシャツとタイツを購入しました。これまではユニクロ エアリズムの長袖サポートシャツとタイツを使っていたのですが、寒い季節のエアリズムは、寒い。汗冷え半端ない。ということで保温できるベースレイヤーがほしいなと思って、ウィックロンの長袖Tシャツにするかジオラインの保温下着にするか迷っていたんです。どちらを買えばよいかわからなくてスタッフさんに相談してみたところ、Tシャツでも間違いではないがジオライン下着に比べるとゆったりしているので熱が逃げやすい。寒い季節の保温性を重視するならジオライン下着のほうがベターだろう、とのアドバイスを得ました。厳冬期の雪山だとジオラインは汗が凍るかもしれないのでメリノウールがおすすめということでしたが日帰り低山ならそこまでは必要ないだろうとのこと。また薄手か中厚手かに感しては、中厚手だと熱くて困ることもあるので調節しやすいのは薄手ではないかとのこと。やはりプロのアドバイスはわかりやすく参考になります。相談してよかった!