無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

2017年10月の3連休、無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場へ行ってきました。また息子と2人です。3連休は直前まで予定がなかったのですが、1週間前に予約サイトを見たらちらほら空いていたので予約ゲットだぜ。

10月7日(土)

渋滞を避けるべく4:30 起床、5:00に息子を起こしつつ荷物を積み込み5:30出発。今回は2人なので引き続きキャリアなし、荷物はすべて室内に積み込めました。天気予報では土曜が雨のち曇り、日月が晴れということでしたが往路の道中は小雨でした。目立った渋滞もなく8:00ごろ横川SAで長めの休憩と朝食をとりつつ時間調整。9:30開店と同時にツルヤ軽井沢店とコメリで買い物。

ツルヤ軽井沢店

ツルヤさんは1時間くらいあっ!という間に過ぎますね。11:00ごろにキャンプ場へ向けて移動開始、12:00ごろにキャンプ場に着きました。予定通り順調。前回同様先に受付・支払いを済ませつつ13:00にチェックイン、サイト設営へと進みます。この頃には雨も上がっていて作戦通りです。

ケシュアのエアベッド

今回の新兵器はケシュアのエアベッド。ウレタンマットで寝るとどうしても腰が痛くなって辛かったのですが、エアベッドで寝たらこれがまあなんと快適なことか!体のどこも全く痛くなく快眠そのもの。これはよい買い物でした。これでひとつ1,990円(税込)なのでコスパよいと思います。空気入れは別途購入が必要ですが、同じくケシュアのハンドポンプ5.2Lを用意したのですぐに膨らませることができました。この空気入れはどデカイのですが押すときも引くときも空気を送り込んでくれるのでエアベッドがあっという間に膨らみます。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

もうひとつはダイソーのメッシュケース。何かに使えると思って買ったらジェントスのLEDランタンEX-777XPにシンデレラフィット。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

雨が降っていないとゆっくり設営できてよいですね。サイトを設営し終わったらやることはひとつ。昼寝です。...起きたら大雨。本格的な、雨。まじか。テント周辺に水たまりができ始めたので水を逃す水路を作ったりしながら雨止みを待ちます。夕方から夜まで、時折強くなりながら雨は数時間降り続きました。息子が起きてくる頃には小雨になっていましたが初日に予定していた焚き火と炭火は中止して、ガス+スキレット調理で晩ごはんをいただきました。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

その後雨は上がり、寝る前には晴れて月と星がとってもきれいでした。これを見られただけでもキャンプに来た甲斐があったというもの。

10月8日(日)

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

起きたら快晴!気持ちよかった〜。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場
無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

キャンプの朝食は、ゆったりとした時間を過ごせるので大好きです。

嬬恋 卸売センターサンエイ

朝食後は一度キャンプ場を出て卸売センターサンエイさんで買い出し、そして帰りに湖畔の湯へ寄りました。初日の夜は昼寝が長過ぎてお風呂のタイミングを逃したので。てへぺろ。

嬬恋高原 愛妻の丘
嬬恋高原 愛妻の丘
嬬恋高原 愛妻の丘

お風呂で温まった後はちょっとドライブ。つまごいパノラマラインを少し走って愛妻の丘まで行ってきました。つまごいパノラマラインは絶景で快適ですね。愛妻の丘もまた絶景。行ってみてよかった。

バラギ湖(無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場)
バラギ湖(無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場)
バラギ湖(無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場)

ドライブの後はサイトへ戻ってカップラーメンでお昼、その後はバラギ湖でボート遊びをしました。本当は餌釣をしたかったのですがクマが出たということでエサ釣りエリアが立ち入り禁止になっていました。バラギ湖はすっかり秋でした。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場
無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場
無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場
無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場
無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

楽しい2日目はまだまだ続きます。いつもは湯せんでレトルトばかりなのですが、今回は珍しくやる気を出して、なんと炭火で焼き鳥に挑戦です。焼き鳥は期待以上に美味しかった。これはまたやろうと思います。食事の後は焚き火を楽しみました。

10月9日(月)

田代湖

楽しい時間はあっという間。3日目は朝食後に撤収、田代湖探索を経てつつじの湯の露天風呂を楽しんでから帰路につきました。田代湖は愛妻の丘から見えたので寄ってみたのですが、あれは発電用の人造湖なんですね。どおりで入口や駐車場の案内がないはずで、えらい迷いました。つつじの湯は以前北軽井沢スウィートグラスへ宿泊した時に利用したのですが、無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場からも近いんですね。温泉のあとは毎度の事故渋滞に巻き込まれつつ5時間かけて帰宅しました。

いやあ、今回の2人キャンプも楽しかった。事前に覚悟したよりも暖かく、ストーブを持って行ったけれども結局使わずに済みました。前回と比べると防寒具や防水ブーツなどの用意も充実していたので、天候の急変などにも以前よりは余裕をもって対応することができたように思います。寒さや雨といった辛い思いもしておくもんですね。辛い経験の後しっかりと対策をすれば乗り越えることができて、その状況を楽しめるようになりますね。

NORDISK CAMP SUPPLY STORE by ROOT

NORDISK CAMP SUPPLY STORE by ROOT へ行ってきました。

NORDISK CAMP SUPPLY STORE by ROOT

場所は小田急線と環八が交差するあたりです。徒歩だと千歳船橋からも祖師ヶ谷大蔵からもだいたい同じくらいの距離でしょうか。

NORDISK CAMP SUPPLY STORE by ROOT
NORDISK CAMP SUPPLY STORE by ROOT

キャンプグッズが置いてあるショップは大変居心地がよくて落ち着きます。しあわせ。ビールでも飲もうかと思いまいしたが1,080円゛;`(;゚;ж;゚; )ブフォォ!!なので500円のカフェラテにしておいてやりました。カフェラテはとってもおいしかったのと、量が多くてお腹タップタプです。店内に置いてあったカタログ的な冊子を眺めながら小一時間ゆっくりしてしまいました。

NORDISK CAMP SUPPLY STORE by ROOT

本日のお目当はこちら、レイサ6。秋冬用に、オープンタープなしで過ごせてリビングスペースで暖房を使える2ルームとかトンネル型のテントが欲しいなーと思って物色中なのです。実物の質感や大きさ重さを体験することができました。レイサ6、悪くない。んが、ちょっと大きくて重いのでルーフキャリアに直接乗せる感じになってしまいますね。あとは値段がものすごい。ほんっとすごい。
秋冬用のファミリーテントについては特に急ぐわけでもないので、じっくり探そうと思います。

20170924マツ耐初参戦

マツダファン・エンデュランス(マツ耐)へ初参戦してきました!富士スピードウェイ初開催の「東海ラウンド」です。タイムトライアルのMFCTには何度か参戦したことがあったのですが耐久は初めて。一度やってみたかったのですが、幼馴染が一緒に参加してくれるというのでお試しで参加してみたのです。

9月23日(土)

ホテルセレクトイン富士山御殿場 ホテルセレクトイン富士山御殿場の和室

イベントは日曜なのですが朝が早いので前泊しました。セレクトイン富士山御殿場の和室は、狭いながらも快適に過ごすことができました。
夕食なし、朝食付きのプランでしたが朝食の時間にはもう出発している必要があったので朝食は利用せず。夕食はウワサの「炭焼きレストランさわやか」へ。サーキットの先輩(誰)に「平日でも2時間待ちで諦めた」という話を聞いたので16時過ぎに慌てて向かったらなんと3時間待ち!しかしせっかくの機会なのであきらめずに待ち続けましたよ。近所にブックオフがなかったら無理でしたね。あと歩いていってよかった。駐車場は常に満車でした。

さわやか御殿場店
さわやか御殿場店
さわやか御殿場店

すっかり日は暮れて19時前。ついに順番が来た時には思わず「やっときたー!」と声が出たら店員さんに「 ( ´,_ゝ`)プッ」っと笑われましたよ。ウワサのハンバーグ、焼き加減はミディアムというのでしょうか、中は赤い状態なのですがこれがウマイ!3時間待った甲斐がありましたよ。

9月24日(日)

20170924マツ耐初参戦

そしてレース当日。6時過ぎにチェックアウトし、ドライバー2名と子供達は先発隊でサーキットへ。ピットクルーの方にも来ていただいたのですがそちらとは後ほど合流するということにしました。荷物を降ろし、空気圧を調整し、受付を済ませたらゼッケンやスポンサーロゴを貼り付けるなどしつつ、車検を受けたりブリーフィングに参加したりと忙しい時間を過ごしているうちにあっという間に予選の時間です。

20170924マツ耐初参戦

今回は2人なので心強い!

20170924マツ耐初参戦

10:30予選開始!いってきまーす。

20170924マツ耐初参戦
20170924マツ耐初参戦

20分間の予選中にピットイン練習と僚友の完熟走行を実施。先にぼくがコースインしまして、3周くらいしてタイヤも温まり混雑をやり過ごしたのでさあこれからアタックしようか!と思ってスピードを上げた周のコカコーラコーナーあたりでぼくの持ち時間終了...。無情にもピットに呼び戻されました。予選は初めてのクルマ、初めてのコースのはずの僚友のタイムで55台中50番手になりました。くっそ速いな。

MAZDA757
20170924マツ耐初参戦
ナイトスポーツRX-8

決勝までの間に給油や食事、珍しい車の展示や走行イベントを楽しむなどして過ごしました。

富士スピードウェイORIZURUのカレー

お昼はORIZURUのカレー。麺類を頼んだ人はけっこう待たされていましたが、カレーは3つ頼んだのにあっという間に出て来ました。

20170924マツ耐初参戦
20170924マツ耐初参戦
20170924マツ耐初参戦

いよいよコースイン。予選結果に従ってグリッドに着いてゆきます。予選50位でしたが、ローリングスタートは1番グリッドを空けて2番から並ぶそうなので51番グリッドでした。富士スピードウェイの正規グリッドは45番グリッドまでしかないので、46番以降の人は「仮想グリッド」だそうです。

20170924マツ耐初参戦
20170924マツ耐初参戦
20170924マツ耐初参戦

めっちゃ後ろですやん...w グリッドに整列したら先頭で記念撮影をするということだったのですが51番グリッドからだと先頭が見えません。スタートまでの5分くらいで往復2kmダッシュするのは考えただけでも疲れるので、記念撮影は諦めました。周りのドライバーもだいたいその場にいましたねw

20170924マツ耐初参戦

ほら、後ろすぎて写ってない。

20170924マツ耐初参戦

予定より10分少々押していましたがレーススタート。1スティント35〜40分くらいで3ストップ4スティント、2人チームだったので1人2スティントを担当しました。1スティントが長いから体力と集中力が保つかどうか心配でしたが意外と大丈夫でした。ブレーキも最後まで効いてくれましたし、タイヤもかなり減りましたが最後まで走りきることができました。最終結果は53周を走って総合42位、クラス2位で無事完走、チェッカーフラッグを受けることができました!

20170924マツ耐初参戦
20170924マツ耐初参戦

コースインからパドックに戻るまでの総レース距離は253.9km、レース中の燃費はだいたい10km/Lで燃料が余りまくりました。予選後の燃料補給とか決勝中のリフトアンドコーストはしなくてもよかった!事前の皮算用では「1周2分45秒ペースとして目標55周、走行距離は251km前後、DJデミオディーゼルは燃料タンク容量44Lなので平均燃費5.7km/L以上で走ることができれば燃料切れになる心配はなさそう」と予想していましたがけっこういいセンいってましたね。予選アタック中は平均燃費が一時リッター3km/Lを表示した時もあったのでちょっとビビりすぎました。今回の富士スピードウェイ、車載の燃費計によると1周3分ペースだと平均15km/L、2分40〜45秒くらいのペースだと平均12〜13km/L、2分30〜35秒くらいのペースだと平均10〜11km/L前後くらいで走れるようです。これだとずーと予選アタック全開ペースでも燃料使い切らないかもしれませんね。

初めてのことだらけで右往左往したマツ耐。しかし事前の期待をはるかに上回る楽しさでした。タイムトライアルとはまた違った楽しさがあり、これはハマりますね。またぜひ挑戦したいと思います。あー、マツダを好きになって、よかった!

au iPhone 8 64GBへ機種変更しました

  • 投稿日:

au iPhone 8 64GB
au iPhone 8 64GB

au iPhone 8 64GBへ機種変更しました。au オンラインショップで購入しまして、発売日に手元に届きました。インターネットでのSIM切り替え手続き受付は21:15までなのですが、古い機種のバックアップをとったり新しい方のアクティベーションやらなんやかんやで切り替え手続きをできたのは21:06。ギリギリセーフでした。

iPhone 8に決めた理由はカメラの形。8 plusやXのあのいびつなカメラがどうも好きになれず、唯一見た目を受け入れられるのが8の丸いカメラでした。容量は断捨離したところ最終的には15GBくらいになったので、64GBでも余裕たっぷりです。料金プランは事前シミュレーションを経てauピタットプラン(シンプル)に。色は黒(スペースグレイ)に戻してみました。

iPhone 6で使っていたシリコンカバーがそのまま使えるんじゃね?と思って被せてみたのですが、カメラの位置と大きさが全く違うんですね。仕方がないので切りました。全体のサイズも6より若干大きいみたいで、6ではちょっと伸びてダルになってきていたのが8だとぴったりでした。自分で切ったカメラ周りがガタガタしてアレですが自分からはあまり見えないので、カバーはしばらくはこれを使おうと思います。

My iPhone 6

そして今回、これまで使っていたiPhone 6を下取りに出さずに手元に残しておくことにしました。auピタットプランの払い方だと、iPhone 6を下取りに出してiPhone 8 64GBを購入する場合は端末代金の割賦が「9ヶ月無料」なのですが、この方式にはなんとなくお得感を感じない。しかもiPhone 6の下取りは17,280円なのですが、買取に出すともっと高く売れるっぽい。さらにさらに、mineoなどの格安SIMを刺してコスパのよいスマホとして復活させるという道も考えられます。というわけで今回は下取りには出しませんでした。

それにしてもAppleのプロダクトはやはり美しいですね。3年経っても古さを感じさせないiPhone 6といい、所有する喜びを感じさせてくれます。

iPhoneおトク機種変?

うっかり勢いでauのiPhone 8 を予約しました。ただ料金プランを決めていないので、連休を利用して料金プランを検討しました。今より高くなるようならキャンセルしようかと。なのでauサイトのシミュレータを利用してなんども試算してみるものの、結局自分がいくら払うことになるのかがよくわからない!難解すぎ!自分で何度シミュレーションしても結局よくわからないので、auのサイトにあったチャットサポートを利用してみました。知らない人とチャットすること1時間強、ようやく理解することができました。

理解してみれば構造自体はシンプルで「端末代金+利用料+オプション料」とのこと。そりゃそうですね。

端末代金:購入する機種とストレージ容量によって変動。
利用料:「auピタットプラン」「auフラットプラン」「スーパーカケホ」「LTEプラン」など契約プランによって変動。
オプション料:テザリングとかauスマートパスとかそういうの。

ただ、それぞれさらに分岐があって、ここからがややこしい。ちなみにここからは端末代金を割賦で支払う前提で書きます。一括の人は利用料とオプション料金だけ考えればよいからこんなに悩まないと思うので。あと電話使わないのでカケホは付けません。

まず機種代金。手持ちの機種を下取りに出すとその分が端末代金から引かれます。WALLET ポイント・auポイントを使う場合も同様、1ポイント=1円相当で、ポイントを使った分だけ減額することが可能。残り金額を一括ないし割賦で支払うことになります。ここまでは簡単ですね。

次に利用料ですがこれが割賦の支払い方法や割引と組み合わさってくるので難解でした。まずauピタットプラン・auフラットプランの場合は「48分割」という形で端末代金の半額を据え置きにするいわゆる「残価設定型ローン」で、これらの場合1年間「ビッグニュースキャンペーン」が適用されるものの「毎月割」がない。一方、従来からのスーパーカケホやLTEプランの場合は普通に24回払いで「ビッグニュースキャンペーン」は適用されませんが「毎月割」が2年間適用されます。

ね、訳がわからないでしょう?

チャットでいくつか質問をしたものの結局自分はどうすればよいのかがわからなかったので「結局ぼくにはどんなプランが最適なのさ?」と無茶振りしてみたところ「あなたの条件だとauフラットプランをおすすめします」との回答を得ました。私の条件、それは「機種変更でiPhone8 64GB、下取りiPhone6、毎月3GB〜5GB通信、家族以外との通話はほぼゼロなのでカケホは不要」というものです。

まず毎月コンスタントに3GB以上使っている人へはピタットではなくフラットの方がよいだろうとのこと。それならなぜLTEプランやスーパーカケホ+データ定額5ではなくauフラットプランを勧めるのか根拠を聞いてみたところ「2年契約(誰でも割)+家族割で家族間通話が無料になる」「3~5GB月平均使う場合なら残り容量を気にせず利用できる(※筆者注:auピタットプランとauフラットプランを比較した場合、5GBを超える領域ではauピタットプランの方が割高になる)」「25カ月目の機種変更で機種代金が最大半額。月々の負担も軽減できて、定期的に新機種に買い替えやすい」という点が挙げられました。

いろいろ書きましたが、細かいところをすっ飛ばして結論だけ書くと、私の場合は要するに次のようになるみたいです。画像ですみません。

table

というわけで、私の場合は24ヶ月の支出総額で判断すると「auフラットプラン20(シンプル)」でしょうか。たまに3GBを下回ることがあったり毎月必ず5GB以内に収まるのであればピタットプランにしておいてもよいのですが、毎月3GBは確実に超えつつ、今後仕事で050plusを使うのでLTE通信量がさらに増える可能性があるのでやはりauフラットプラン20(シンプル)が最有力かなあ。25ヶ月目に機種変をする前提になってしまうのが不本意ですが、しかし25ヶ月目に機種変するのが最もおトクということのようです。割賦の途中一括清算はできるとのことだったので、もし25ヶ月後に機種変の意思がなければ引き続き8,775円/月を継続するか残り約4万円を一気に払ってしまうかという二択になりそうですね。

今回一番勘違いしていたのは、事前に郵送で届いていた「話題のスマホへおトクに機種変更!au WALLET プリペードへチャージ 10,000円キャッシュバッククーポンプレゼント」というアレは端末代金への充当ができないという点でした。過去の類似キャンペーンは確かポイント還元されつつ即時それを機種変時の端末代金として使うことができたので月額料金の端末割賦分を減らすことができたように記憶していますが、今回は単純にキャッシュバックされるのみ。確かにあらためて読み返してみると「プリペイドカードへチャージ」「キャッシュバック」と書いてありますね。

今回チャットの対応をしてくださった担当の方は根気強く親切かつ分かりやすく対応してくださったのでよかったです。大変助かりました。ありがとうございました。

2017.9.18追記
過去に月間5GBまで到達したことがないので、auピタットプラン(シンプル)で月間通信量5GBを超えない場合も試算してみました。結果は次の通り。5GBを超えないように運用すればフラットプランよりさらに支出を低く抑えることができそうです。ピタットプラン(シンプル)にしようかな。家族以外との通話はLINEなりFacebookなりMessagesなりの音声通話ということで。

sim02

ダイソー転写シールを貼る

雨なのでインドアで遊ぼうと思い、ダイソーの転写シールを買ってきました。LEDランタンのグローブ?ホヤ?に貼ってカスタマイズしたのですがけっこう余ったので、ご老体のMacBook Airにも貼ってみました。ランタンは想像通りのいい仕上がりに。MBA、ちょっとは若返ったかな?

KTNGHT SPORTS(ナイトスポーツ)NDロードスター

所用でマツダ屋さんへ行ったら、KTNGHT SPORTS(ナイトスポーツ)さんのNDロードスターが展示してありました。低く構えた姿勢、太くてツライチなタイヤとフロント〜サイド〜リヤのアンダースポイラー?がとてもステキ。

KTNGHT SPORTS(ナイトスポーツ)NDロードスター
KTNGHT SPORTS(ナイトスポーツ)NDロードスター
KTNGHT SPORTS(ナイトスポーツ)NDロードスター

将来はこういうクルマでドライブする大人になりたいです。

DJ5FS Mazda2 demio

2017年9月24日(日)に開催されるマツダファン・エンデュランス(マツ耐)東海ラウンドへ出場します。メインイベントは2017 GLOBAL MX-5 CUP JAPAN FINALで、マツ耐はそのサポートイベントですね。はじめての耐久だしほとんど走ったことのない富士スピードウェイなので、あまり無理せず程々に頑張ろうと思います。1周2分45秒ペースとして目標55周でどうでしょう。55周走れるとすると走行距離は251km前後、DJデミオディーゼルは燃料タンク容量44Lなので平均燃費5.7km/L以上で走ることができれば燃料切れになる心配はなさそう。
とりあえず走行準備の一環としてルーフキャリアを下ろしてみたのですが、すっかりキャリア有りの姿を見慣れているせいで見た目がなんとなく物足りない気が。でも明らかにクルマが軽くなったので、キャンプの時以外はキャリアを下ろした状態をデフォルトにしてもいいかも、と思いました。キャリアは重いけれど、脱着自体は5分もかからないんですよね。

TOMYTEC(トミーテック) マツダ787B 1991ル・マン優勝車 (ミニカー)

春先に予約していたミニカーが届きました。MAZDA 787B 55号車、1991年のル・マン24時間耐久レース優勝車です。

TOMYTEC(トミーテック) マツダ787B 1991ル・マン優勝車 (ミニカー)

1/64サイズですがかなり精巧にできていてカウルがピッタリはまります。デカールも細かい文字まで書き込まれています。

TOMYTEC(トミーテック) マツダ787B 1991ル・マン優勝車 (ミニカー)

マクラーレンのGT3車両と並べてみる。両方かっこいい。

TOMYTEC(トミーテック) マツダ787B 1991ル・マン優勝車 (ミニカー)

とりあえず台座(コースター)に置いて飾ってみました。かっこいい。