タグ「montbell」が付けられているもの

モンベル mont-bell ブーツケース

これまでの山行ではクルマを使うことが多く、トレッキングシューズはトランクに収納して運び、山の麓の駐車場で靴を履き替えています。何度かやってみたのですが、かさばる靴を裸のままだと自宅マンションの地下駐車場への往復時に持ちにくいと感じていたのと、山を歩いた後は靴が汚れているのでそのまま車のトランクも汚れてしまうのが気になっていました。そこでブーツケースを使うことに。

モンベル mont-bell ブーツケース

ぼくのシューズのサイズは29cmなので、ブーツケースはLサイズです。ASOLOは細身のせいか、余裕をもってすっぽり入ってくれました。

モンベル mont-bell ブーツケース

携行用の持ち手付き。こういう細かい点がいかにもモンベルらしい美点ですね。これで持ち運びのストレスとクルマの汚れを軽減することができそうです。

モンベル mont-bell トレールワレット

山行用の軽量コンパクトな財布が欲しくてずーっと探していました。山へゆく時には最小限の現金とカード数枚で事足りるので、普段使いの財布だと大きすぎるし重すぎるのです。特に重さは山行中は少しでも削りたいところ。カリマーの小さい財布なんかもかっこいいけど微妙に値が張るのとカリマー印が大きかったりとぼくの気持ちにぴったりフィットしてくれません。モンベルのスリムワレットにしようかと思って、これまで何度かお店へ行くたびに手に取ってみたもののどうも決め手に欠ける。前回の山行ではPEAKS100号の付録「山のミニマムワレット」を使いました。これはよく考えられていて、軽量コンパクトながら二つ折りにしたお札、小銭、それにカードも数枚持ち歩くことができたり、ふたの部分がコイン受けになってくれたりと機能的にも申し分なく使いやすかったのですが、いかんせん黄色い。あと普段使いの財布から最小限の中身を移し替える時、お札を二つ折りにするのが若干面倒でした。
もやもやを抱えたまま今日再びモンベルストアに行ったところ、スリムワレットとは別のトレールワレットというものを発見しました。これがまた小さくて見た目よし、使い勝手も良さそうということで結局はモンベルのトレールワレットに決めました。

モンベル mont-bell トレールワレット

普段使いの財布(土屋鞄製)と比べると小さく、薄く、そして軽い。

モンベル mont-bell トレールワレット

ファスナーやボタンなどの留め具がなく、折りたたむだけのシンプルな作りになっています。三つ折りなので広げると大きくなり、お札を折りたたまずに入れることができます。コインポケットにはマチがついているので出し入れしやすく、コインポケットのファスナー取っ手は畳んだ状態でロックされるなど、細かいところへの配慮が行き届いているのが嬉しい。これで山財布問題は解決しました。よかった。

モンベル チェーンスパイク

GWに行こうと思っている四阿山、山頂付近にはまだ雪が残っているというウワサが。そこで安全のためにチェーンスパイクを追加で用意しました。どのサイズを買ってよいかわからなかったので、二子玉川のモンベルストアに靴を持参、開店直後に突撃して店員さんに聞いてみました。ぼくの山用の靴は29cmなのですが、ASOLO(アゾロ)は細いのでMかLか微妙とのこと。現物合わせをした結果はLがよかろうとのことで、一番大きなLサイズを購入しました。またぼくの登山靴は冬用ではなく作りが違う(冬用と比べて底が柔らかかったり、布が薄い部分がある)ことからチェーンスパイクが靴を傷つける可能性があるので、これで本格的に長時間歩くのではなくあくまで急場凌ぎ程度にね、というアドバイスをいただきました。

モンベル チェーンスパイク

付属の収納ケースに収めるとこんな感じ。小さくまとまりますが、手に取ると重みがずっしりきます。

モンベル チェーンスパイク
モンベル チェーンスパイク

モンベル姐さんに「ぶっつけ本番じゃなく事前に練習しておいてねー」言われたので、帰宅してすぐに練習しておきました。装着は靴下感覚でとっても簡単。つま先を入れて、次にかかとを引き上げるだけでピッタリフィットさせることができました。スパイクのカチャカチャという音が、次の山行への期待を膨らませてくれます。

モンベル mont-bell トレールグラス ワイドレンズ

次の山行はGWにソロで四阿山(あずまやさん)へ挑戦しようと思っています。その備えとして先日ホイッスルと熊鈴を買ったのですが、もう一つ気になっている装備がありました。それはサングラス。
山の上は遮るものがなくて、目への負担がけっこう大きい。なので日差しや照り返しから目を守ってくれるアイウェアは必須だなと思いつつ、とりあえずはクルマの運転用に常備してあるサングラスを使おうかと思っていました。ただ、前回(金時山)の時もそう思っていたのにいざ歩き出したらクルマに置き忘れていたり、よく考えたらレンズは小さいし若干重くて山歩きには向いてない気もしてきました。

060716_7.jpg


↑ 15年くらい前に、たしか無印で買ったサングラスです。ええ、遠い昔、無印良品でサングラスを売っていた時代があったんですよ...。
というわけでモンベルストアへレッツゴー。お店で試着するまではコンパクトに折り畳み可能なトレッキンググラスにしようと思っていたのですが、実際にかけてみるとどうも掛け心地がしっくりこない...。で、1時間くらいあれやこれやと試してみた結果、今回はモンベル mont-bell トレールグラス ワイドレンズを購入しました。トレールグラス ワイドは折り畳みはできないものの18.5gとトレッキンググラスよりも5gほど軽量。何よりかけた時の違和感の少なさ、フィット感がよかったのでこちらを選びました。レンズはノーマルとワイドで何度か交互に試着したのですが、ワイドの方が左右に目を動かした時のカバー範囲が広かったので今回はワイドにしてみました。

モンベル mont-bell トレールグラス ワイドレンズ

セミハードケースがついているので持ち運んでいる間にしっかり保護してくれます。ケースに入れてもコンパクトなので、バックパックの雨蓋の中に無理なく収まってくれました。実際に山で使うのが楽しみです!

金時山、初登頂!

  • 投稿日:

金時山

山男たちは今日もゆく。今日は金時山へゆく。

足柄峠、足柄関近辺のトイレ

朝5時過ぎに起きて6時過ぎに出発。春休み最初の土曜でしたが、渋滞が始まる前に大和トンネルを抜けることができました。登山口へゆく前に、足柄峠にあるトイレへ。駐車場がありますが、ここは長時間の駐車はダメですよ。ほら、ちゃんと看板にもそう書いてあります。

金時山
金時山

登山口の駐車場へクルマをとめたら、さあ出発。今回は足柄峠を往復するルートです。午前8時15分、全身モンベルの親子が歩き始めます。思いの外寒かったので子供にも防風のためにレインジャケットを着せたら、すっかり登山好きの人っぽくなりました。似合うなあ。

金時山

蜂蜜をたっぷり入れた紅茶を、時間をかけて飲む。水分は補給しすぎということはない。

金時山
金時山

3日前の春分の日に降った大雪が残っていたようで、登山道はほぼ雪。登るにつれて雪が増えてゆきました。下の方は溶けてドロドロ、上の方は土が見えない部分もあってけっこう滑りました。

金時山

途中、このような急な階段が10個あるそうです。

金時山

70分ほどで登頂!標高1,212mです。残念ながら曇っていて、眺めはあまりよくありませんでした。

金時山

ちょっとだけ、箱根側の風景が見えました。

金時山

夕日の滝分岐。雪に埋まって...道が...ない...。

金時山

富士山も今日は雲に隠れていました。残念!

金時山

なにやら動物の足跡のようなものが。うさぎ?これとは別にイノシシっぽい足跡もありました。雪に残る動物の足跡。うーん、いいですね。

初めての金時山、30分ほど続く雪の急登がなかなかキツイ道中でしたが、その分登りきった時の「やりきった感」を大きく味わうことができます。子供も「これまでで一番楽しかった!」と言っていました。
それにしてもなぜか雪が多いうちの親子の登山デビュー期。そういえばキャンプデビューも真冬でした。冬や雪に縁があるんですかね?自分自身はもちろんですが、子供が来年も続けるなら子供用も含めてアイゼンを用意しようと思います。

モンベルクラブ・フレンドフェア 2018春(横浜)

2018年にモンベルクラブへ加入したので、モンベルクラブ・フレンドフェア 2018(横浜)へ初参戦してきました。クライミング体験とアウトレット品の物販が目的でしたが、どんな感じなのでしょうか?

モンベルクラブ・フレンドフェア 2018春(横浜)

お目当のクライミング体験。午前中には60分待ちでしたが午後には120分待ちになっていました。

モンベルクラブ・フレンドフェア 2018春(横浜)

カヤック体験は午前中の申込み時点で90分待ちでしたが、そうこうしている間に150分待ちに!短距離短時間でしたがカヤックも楽しいですね。またやりたい。

モンベルクラブ・フレンドフェア 2018春(横浜)
モンベルクラブ・フレンドフェア 2018春(横浜)
モンベルクラブ・フレンドフェア 2018春(横浜)

全国各地のゆるキャラも登場してました。白馬の「ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男III世」は初めて見た。ぐんまちゃんは背後からしばかれてましたw

物販の方は期待したような成果がなくてちょっと残念。長野県山岳遭難防止対策協会事務局さんの「登山を安全に楽しむために」という講習会を聴講したのですが、これは分かりやすくて役だちました。長野県の山での遭難原因は道迷いよりも滑落等がもっとも多いんですって。コワイ。
そしてモデル/フィールドナビゲーター仲川希良さんのJapan Eco Track(ジャパンエコトラック)の魅力を紹介するトークショー。これは聞けてよかった。見た目はカワイイしトークは達者、とっても楽しそうにお話しされるので、ゆくゆくは雪山へ挑戦してみたいかも?なんて気持ちになりました。

モンベルクラブ・フレンドフェア 2018春(横浜)仲川希良さんトークショー

日本全国山だらけ。山やアウトドアの趣味はこの先も続けてゆきたいと思います。

モンベルストームブレイカー

モンベルのストームブレーカーを購入しました。先日筑波山へ行った時には天候に恵まれフリースの中間レイヤーだけで過ごせたのですが、やはり今後も登山を続けることを考えるとオールシーズン使えるアウターレイヤーが必要だと痛感。命に関わるものだし長く使えるものを、ということでゴアテックスを使っているストームブレイカージャケットを購入しました。レインパンツの方は既に持っていたレインコートをそのまま使います。何色にしようか悩んで何人かにアドアイスをもらった結果「SHALE」という色にしてみました。これでまた次の山行の楽しみが増えました!

ASOLO(アゾロ) ファルコン GV Men's and mont-bell モンベル ティトンブーツ Kid's
グラナイトパック 30 and グラナイトパック Kid's 20

息子もいっしょに登山をしてみたいということで、2週連続モンベルへ行って今度は子供用の用具を購入しました。ティトンブーツ Kid'sとグラナイトパック Kid's 20です。自分のザックもグラナイトパックなので奇しくもオソロになりました。息子用にも登山用の靴下、下着、レインウェアを揃えました。まずは近場の日帰り低山から初めて経験を積んでゆきたいと思います。今年の週末レジャーはキャンプ&登山ですね。

mont-bell モンベル ティトンブーツ Kid's

ぼくが登山の道具を揃えていたはずが、気がつけば息子の分まで!登山には最低限靴と靴下、綿ではない下着は必須ですからね。というわけで初期投資してみました。

小さな登山家

さっそく帰り道に25分程度歩いてみましたが問題なさそうです。ようし、週末は日帰り登山を重ねて経験を積んだら富士山へ行こう!

ASOLO ファルコン GV Men's

登山デビューに向け、登山靴を買いました。
なんでも初心者は登山用の靴と靴下、あとバックパック(ザック)をまず揃えるべきということなので、週末にアウトドアショップへ。はじめスポーツオーソリティへ行ったのですが店員さんがそばにいないしひとりだと選び方もわからないし...ということでモンベルへ移動。靴売り場近辺で目のあった店員さんに「初心者でこれから山に登りたいんですけどー!」と相談したところ、親切丁寧に手取り足取り教えていただきました。まず足を採寸してもらったところ「あなたの足は長さの割に幅が狭く、また平べったい形をしている。モンベル製の靴だと甲が高めだったりとあなたの足の形には合わないので、海外製の靴の方がよい思う」という事で、イタリア製のASOLO(アゾロ)の靴をオススメされました。試着してみたらこれが足にピッタリ吸い付く感じでとっても気持ちいい!歩いてみても違和感なくしっかり支えてくれそうなので、履いたまま「これください」ということに。靴下とザックも買ったので、あとは登山計画、装備計画を経てどこかの山へ登りに行こうと思います。あ、モンベルクラブにも入会しました。早く登りたいな〜。

モンベル ドライコンテナチューブ L

ノルディスク レイサ6 ベージュをうちのDJデミオで運ぼうとすると、その大きさゆえにどうしてもルーフキャリアに積まざるを得ないのですが、レイサ6に標準装備されているケースだと雨が降ったらたぶん中まで濡れてしまいます。そこでテントを丸ごとドライバッグ(防水ケース)に入れた状態でルーフキャリアへ積載したいと思ったのですが、こんな巨大なドライバッグはなかなか見つかりません。そんなに都合よくぴったりサイズのドライバッグはないよな...と思っていたのですが、ありました。モンベルに。

モンベル ドライコンテナチューブ L
モンベル ドライコンテナチューブ L

カタログ値はモンベル ドライコンテナチューブ Lがφ38×75cm。一方のノルディスク レイサ6収納サイズのカタログ値はφ30 x 70 cm、一度使った後自力で畳んだ時の実測値でだいたいφ35 x 75 cm。半ば見切り発車で購入に踏み切りましたが、ギリギリ入りました。

モンベル ドライコンテナチューブ L

両端の折り返し、マニュアルによると3回折り返せということでしたがなんとか2回折り返すのがやっとというギリギリっぷり。でもテントを畳む時にもう少しコンパクトに仕上げれば、もっと余裕を持って収納できそうです。ちなみに小さい方のインナーテントは使わないので外に出してます。
これで天候を気にせず安心してルーフキャリアに積むことができそうです。

モンベルの小さな折りたたみ椅子

  • 投稿日:

モンベルの折りたたみ椅子

このあいだの雨のキャンプの時に椅子が足りなくてちょっと困ったので、小さい折りたたみ椅子を買ってきました。A&Fで見かけた「マイクロチェア」の廉価版ですかね、本家は4,800円+税ですが、モンベルストアで1,000円+税の似たようなものを売っていたのでそちらにしてみました。

モンベルの折りたたみ椅子

折りたたむとこんなにコンパクト。本家と違ってやや重量があり、ひとつあたり660gあるので見た目の割にはずっしり重いのですが、オートキャンプなら問題ないでしょう。
これで椅子は4脚になったので、3つあるRVボックスのうちの一つをテーブルとして使うことでダイニングを作ってみようと思います。RVボックスの蓋は湾曲しているので食器を並べるにはちょっと不便なのですが、アレを荷物を増やさずに平らにできるハックはどこかにないかな...?