MOBILITY PARKへ行ってきた

  • 投稿日:

MOBILYTI PARK

3連休といえばキャンプです。なかなか予約が取れないとウワサの人気キャンプ場MOBILITY PARKへ行ってきました!2泊3日の天候ですが最初の2日間は晴れ、最後は曇り〜雨の下り坂でした。特に初日の冷え込みが厳しく、道中はところどころ凍っているし2日目の朝はクルマも芝も池の水もすべて凍りつくという極寒でした。しかし満天の星空がとっても美しかった。

伊豆スカイライン

今回は往復とも東名〜小田厚〜箱根新道〜ターンパイク〜伊豆スカイラインというルートを利用。え?ターンパイク通るの?というのが予想外(準備不足)だったのと、伊豆スカイラインの入り口料金所で「どこまで利用するのか」を申告する必要があるのですがどこで降りるのかわからなかった(準備不足)などのハプニングを楽しみながら、山のドライブを楽しみました。山の上の方は一部凍結してたりチェーン規制をしていました(予想外)が、そこはスタッドレスを履いていたので問題なし(偶然)。

十石峠

途中の十国峠で地元デミオの挑戦を受けたり(こちらが先に駐車してて、戻ったら隣にいた)

伊豆スカイライン

伊豆スカイラインで昨秋訪れた初島を遠く眺めたり

MOBILYTI PARK

そんなこんなでモビリティパーク到着!いい天気です。

MOBILYTI PARK
MOBILYTI PARK
MOBILYTI PARK
MOBILYTI PARK

遊具や自然が充実しているのが魅力のモビリティパーク。ただ、事前に期待していたよりも全体的に小規模、対象年齢低めな感じでした。脱衣所・お風呂もとっても小さくて、大人3人入るともう圧迫感がある感じ。2家族で入浴待ちが生じるイメージでしょうか。子供は楽しみにしていた魚釣りに挑戦できて楽しかったみたいです。

MOBILYTI PARK
MOBILYTI PARK

寒いから冬のキャンプはコテージ限定にしようと思っていました。しかし冬にテント泊、もう一度挑戦しようと思ったのはそう、ノルディスクReisa(レイサ)6、君がいたから。リビングルームはユニフレームのワームIIとコールマンの遠赤ヒーターアタッチメント、寝室内は小型のセラミックファンヒーターと電気敷毛布を使ってみました。結果、リビングは意外にも十分な暖かさ。一方で寝室はあまり効果を体感できず「ないよりマシ」レベルでした。次回やるとしたら寝室は半分に仕切って集中的に暖めるのとエアベッドは電気敷毛布を使っても暖かさを感じられないのでウレタンマット使用、あとはリビングに石油ストーブ導入ですかね。

MOBILYTI PARK
MOBILYTI PARK
MOBILYTI PARK

日中は気温が上がってテントをオープンにして過ごしました。ゆったりカフェタイム。至福。

最終日は雨予報だったので前日夜から片付け始めて当日も6時起床でそそくさと撤収を進め、8:30チェックアウト〜10:30くらいに自宅へ帰ってきました。さすがノルディスクReisa(レイサ)6は寒い季節でも快適ですね。ただ季節柄結露がひどくてですね、かつ撤収時は曇り〜雨だったので濡れたまま巨大テントを持ち帰ってきました。持ち帰り自体はモンベルのドライバッグと純正収納バッグに分けたおかげで問題なかったのですが、さてこの巨大な物体をどこでどうやって干せばよいものやら...。あ、雨降ってきた...。

そういえば最寄りのスーパーがよくわからなかったのですが、現地でもらった地図によるとスーパーナガヤ、マックスバリュ、アピタ大仁店あたりが近いようです。最寄りのコンビニはセブンイレブン大仁田原野店でした。

パンとエスプレッソと
パンとエスプレッソと
ランドネ

年始恒例、湘南T-SITEで今年の目標探しをしてきました。見つけました。今年はトレッキング、山登りを始めてみようと思います...春になったら。もともと嫌いではないのですが、小さい頃に今は亡き父が猛烈プッシュしてきたり、その父が山大好きだったので反発してたみたいです。遠回りしましたが、自分の心に素直になって、一歩踏み出してみようと思います。まずは道具を揃えるところから...キャンプ道具を買いすぎて先立つものが...あ、こんなところにクレジットカードが...ニヤリ。

2017年を振り返る

  • 投稿日:

Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017
2017年が終わりましたので振り返っておきたいと思います。

1月〜3月

湘南T-SITEで1年の目標を考えるというのが習慣になってきました。引き続きキャンプを主な趣味に据えつつ久しぶりにモータースポーツ比率を上げてみようかな、と思いました。冬キャンプの寒さを思い知ったり、新しいヘルメットやレーシングスーツを用意するなど秋に予定しているマツ耐の準備を始めたのはこの頃でした。

4月〜6月

月日が経つのは早いもので、4月には下の子が小学生になりました。毎日幼稚園往復送迎されていた子が1人で歩いて往復している...立派に育ってくれてありがとう!5月末から6月頭は佐藤琢磨選手のインディ500制覇!これに尽きる!なんというか、言い訳せずに自分のやりたいことに向かって突き進むために背中を押されたような大きな出来事でした。

7月〜9月

順調にキャンプをこなしつつ、8月から9月にかけては転職に伴う有休消化が大きな出来事でした。ちょっと遠かったりして行きたくても行けなかったところへ1人で行くことができたのでありがたかった。上の子と2人で鈴鹿サーキットのプール〜遊園地を丸1日たっぷり堪能したのはよい思い出になりました。9月には幼馴染と一緒にFSWで開催されたマツ耐東海ラウンドへ初参戦。とっても楽しかったので、2018年も参戦しようと思っています。

10月〜12月

コンスタントにキャンプをこなしつつ、下の子が「欲しい」と言っていた天体望遠鏡で月を見たのが強く印象に残っています。あと、DJデミオが購入から3年経ったので初回の車検を迎えました。デミオにしてから燃費のよさとトルクフルな走りが楽しくて、遠出が増えました。キャンプの荷物を満載していても普通のペースで山道を走れますからね。

2017年はずっと応援してきた2選手(佐藤選手と室屋選手)がともにモータースポーツの歴史に永遠に残る顕著な成果(インディ500優勝とエアレース年間チャンピオン)を残されたというのが、自分ごとのように嬉しかった。私生活でも16年半勤めた会社を離れ新しいスタートを切るなど大きな変化がありました。これからも自分の価値観を大切に、家族とともにマイペースで暮らしてゆきたいと思います。

2017年はたくさんキャンプできました。でも数えてみたら大した数ではない...不思議ですね。

今年はリピートしたいキャンプ場にたくさん巡り会うことができました。今のところ1位がSnow Peak Headquarters、2位が無印良品キャンプ場ですね。不動の滝自然広場とCAMP AKAIKEはぜひまた行きたいし、有野実苑もリピートしたい。まだまだキャンプ趣味は続きそうです。

大文字山火床

年末に京都へ帰省した時、息子と2人で大文字山へ登ってきました。先日高尾山に登ったのが思いの外楽しくて、そういえば大文字山も登れるよねーと思い立ったのです。これまた何年ぶりかわからないくらい久しぶりでしたが、道のりはだいたい覚えていました。銀閣寺から登って法然院へ降りてくるルートを選びましたが、法然院ルートは記憶を上回る急勾配!途中で若干挫けましたがなんとか完遂することができました。息子も往復問題なくついてこられたので一安心。いやあ、楽しかった。また登ろう。

ティアラこうとう

下の子が通っている音楽教室でクリスマスコンサートがあったので見に行ってきました。場所はティアラこうとう。はじめてです。音楽教室といっても楽器の演奏ではなく、歌うんです。童声合唱ってやつですね。舞台に立つ子供たちはみんな立派でした。うちの子もずいぶん大人になったな、と思いました。

klean kanteen(クリーンカンティーン)インスレートタンブラー 16oz

A&F COUNTRY モザイクモール港北店が閉店するという情報をFacebookで知りまして、ちょっと覗きに行ってきました。で、ここ数ヶ月手にとっては棚に戻し...を繰り返していたklean kanteen(クリーンカンティーン)のインスレートタンブラー 16ozが30%オフになっていたので購入。閉店の時に初めて訪れるというのもアレですが、この近辺ならコーナン港北センター南モール店の方に行くかな、という感じですね。ともあれ欲しかったタンブラーを手に入れたので、ますますキャンプが楽しみになりました。

鬼怒グリーンパーク

  • 投稿日:

鬼怒グリーンパーク

サンタヒルズの帰り、お友達に教えてもらって「鬼怒グリーンパーク」へ立ち寄りました。自然豊かな、おっきな公園。

鬼怒グリーンパーク
鬼怒グリーンパーク

4人乗り自転車、スワンボート、そして広場で凧揚げを楽しみました。凧揚げなんて何年ぶりだろ?小学生以来かも。ちゃんと風に乗せられたのって、ひょっとしたら初めてかもしれません。栃木はいいところですね!

サンタヒルズ

最近は「家族でキャンプする場所」の定番になってきたサンタヒルズ。またまた行ってきました。

サンタヒルズ リッカ

しかし今回は12月中旬ということでテント泊ではなくコテージ泊!ツリーハウス「リッカ」に宿泊しました。いやーコテージはあたたかくて最高でした。

サンタヒルズ リッカ ランタナ
サンタヒルズ リッカ ランタナ
サンタヒルズ リッカ ランタナ

サンタヒルズのツリーハウス「リッカ」は想像を上回る大きさ、広さ。これは家族4人どころか2家族でも余裕をもって楽しめますね。

サンタヒルズ リッカ
サンタヒルズ リッカ
サンタヒルズ リッカ ランタナ

中央の螺旋階段を使ってデッキに出て、そこから各棟へ続く階段が分岐しています。これだけでもワクワク感が高まります。

サンタヒルズ リッカ ランタナ

夜はこんな感じ。ステキです。

サンタヒルズ

サンタヒルズで冬の夜といえば、クリスマスイルミネーションです。今回ぼくは料理中で見に行かなかったのですが、子供たちみんなで楽しんできたみたいです。

サンタヒルズ リッカ ランタナ

室内は暖かいので、ゆっくりお酒を楽しむことができました。去年のテント泊だと寒くてゆっくりできなかった。

サンタヒルズの朝食パン
サンタヒルズの朝食パン

朝食はレストランを予約したかったのですが満席だったので、テイクアウトの焼きたてパンを注文。朝8時にセンターハウスへ取りに行く方式です。大きくて、1家族4人なら一つでも十分な大きさ。くるみとレーズンだったかな?味も濃厚焼きたてフワッフワのホッカホカでたいへん幸せな朝食を楽しむことができました。これは外でパンを持ち込むよりもいいですね。次回も注文しようかな?

コテージ+朝食と、いつもとは違う趣を楽しんだサンタヒルズ。やはり寒い時期にはコテージが楽でよいですね。もちろんまたテント泊でも利用したいと思います。