NORDISK Reisa6 Japan-Beige

清水の舞台から飛び降りる気持ちで、ポチりました。NORDISK Reisa6 Japan-Beige。レイサ6はここ数ヶ月どこも在庫のない状態が続いているのですが、ちょくちょくチェックしていた通販サイトを何気に見ていたら突如在庫「3」という表示が!まだ心の準備ができてません!レイサ6はかなり高価だしレイサ貯金もまだ貯まっていないので、カートに入れて決済画面に入ってちょっと戻って...をなんどか繰り返しましたが、これを逃すと次はいつ買えるかわからないし...ということで思い切ってポチり!はたして商品ページはあっという間に「在庫なし」になったのでした。途中カード決済に失敗して店舗と連絡を取るなどしましたが無事に我が家にやってきました。

NORDISK Reisa6 Japan-Beige
NORDISK Reisa6 Japan-Beige

ノルディスクの箱、ハアハア。

NORDISK Reisa6 Japan-Beige

開封の時に刃物でテント本体をざっくり切ってしまわないように、フタを貼り合わせてある場所の直下にボール紙があてがわれていました。この細やかな気遣い、さすが。

NORDISK Reisa6 Japan-Beige

タグを止めてあるやつが、ロゴ入りのリボン。すごい。

NORDISK Reisa6 Japan-Beige
NORDISK Reisa6 Japan-Beige

サイズと重さは、先日小田急線沿いのNORDISK CAMP SUPPLY STORE by ROOTでチェック済み。ベージュの実物は初めて見ましたが、やはり標準の緑よりはベージュの方が好みかも。焦って緑を買わなくてよかった。

そんなわけで2017年11月3連休の初日に届いたあこがれのレイサ6ベージュ、残り2日でどこかに出撃して初張りしてこようと思います!

Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017

台風が近づく中、東京モーターショーへいってきました。大雨だから空いてるんじゃない?と淡い期待を抱いて行って見たらすごい行列!みんな考えることは同じみたいです。だがしかし、こんなこともあろうかと今回はTチケットを用意していたので、行列を横目に専用レーンからすんなり入場することができました。Tチケットにしておいてよかった...。本当に行列知らずだったので、今後もTチケットにしようと思いました。

そんなこんなで目的のブースや展示は全て堪能することができました。トヨタ?ダイハツ?展示ありましたっけ?人間、自分の興味のあること、すでに見知っている物事しか気づかないらしいですからね。

Vixen コンパス
WILD-1 ご当地シェラカップお台場

今回の戦利品。そう、お台場といえばアウトドアショップWILD-1デックス東京ビーチ店です。京都の実家だと気軽にいける距離にあるのに、自宅近辺にはないんですよ。ここまできて途中下車しないわけにはいかない。そんなわけで、WILD-1で買ったアウトドア用コンパス(息子用)とWILD-1デックス東京ビーチ店限定品のご当地シェラカップ。WILD-1最高!息子も楽しんでくれたみたいです。

...とか言いながらもマツダの魁 CONCEPTをえらく気に入って買おうとしてるし。かわいいなあ、もう。

東京モーターショー2017真の目的はこちら。2017年インディーカーシリーズ参戦車両にして2017年インディ500チャンピオン、佐藤琢磨選手搭乗のDW12、アンドレッティオートスポーツ26号車ですよ!

Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017

やはりホンダブースが一番充実していました。「あーこれはいけるぞ!」「みんな見てるかぁ〜?」のあの映像の真下に実車展示ですよ、それはもう見ながら泣きますよ。そして飲み干したミルク瓶。

Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017

ホンダブース以外にも琢磨選手関連の展示がありました。いやあめでたい。本当におめでとうございました。12月もてぎでのデモ走行を楽しみにしています!

東京モーターショー2017では、レーシングカーがたくさん展示してありました。

Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017

メルセデスAMGのF1マシン。やはり太いタイヤのシンプルノーズはかっこいいですね。突起ノーズはちょっと苦手。

Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017

ルノーF1はこれいつのクルマかしら?背びれなしもまたよいですね。背びれはちょっと苦手。

Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017

Honda F1。結局マクラーレンとの提携は不発のまま解消されることに。残念無念。

Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017

スーパーフォーミュラの無限ガスリー車も。

Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017

フォーミュラE車両も展示されてました。
レーシングカーはいつ見てもかっこいいですね。みんなももっと見たらいいと思います。あと、ぜひサーキットで本気のレーシングスピードで走っているところを見るといいと思います。かっこいいよ!

Tokyo Motor Show 2017

東京モーターショー2017、FALKENブースはなんと室屋選手のエアレース機Edge 540 V3!実機ではなく展示用モデルですが、それでも興奮!

Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017

あらためまして、2017年ワールドチャンピオン獲得おめでとうございます!

Tokyo Motor Show 2017

メッセージ書こうと思ったらスペースが埋まっててペンも撤去されてたー!残念!

東京モーターショー2017へ行ってきました。真っ先に向かったのはマツダブース。

Tokyo Motor Show 2017

目当てはこちら、「魁 CONCEPT」。次期アクセラを示唆すると言われているこのモデル、パワートレーンには当然SKYACTIV-Xが想定されています。これはかっこいい。このまま発売してほしいです。

Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017
Tokyo Motor Show 2017

つまんで絞り出したような尖ったキャラクタラインを廃し、うねりで光を受けて多様な表情を作り出す試み。どこから見ても美しい...。小さな子供連れだと子連れ専用スペースから間近に見ることができるのですが、息子もこれがいたく気に入ったらしく「買い換えたい」「クルマの値段はいくらするのか?」と言っていました。このコンセプトカーを見た後だと、現行CX-5やCX-8以前のモデルでは古さを感じてしまいますね。うーん、カッコいい!

カラーボックスにキャスターをつけた

上の子がテレビで見たらしく、自分のカラーボックスにもキャスターをつけて可動式にしたいと言い出しました。うちにあるのは確かニトリのカラーボックスなのでニトリにキャスターあるかな?と思って調べたらありました。んが、さらに調べていると100円ショップのキャスターでも十分いけるらしい。ということで今回はダイソーの2個入りキャスターを2つ買って来て取り付けました。テープで取り付けようと思っていたのになぜか「ネジがいい」という強硬なリクエストを受けたのでしぶしぶネジを使うことに。まずカラーボックス底面にキャスターをあてがいネジ穴のところにキリで印をつけます。あとは付属の木ネジをIKEAの電動ドライバーでガリガリねじ込んだら完成。簡単ですね。取り付けてみたらコロコロ軽く動かせるようになったのでとっても便利になりました。カラーボックス、今はクローゼットの前にあるのでクローゼット内のキャンプ道具を出し入れする時に毎回ボックスをずりずり引きずってずらしていたのですが、これからはフローリングを傷つけずに軽い力で動かすことができますね。もっと早くやっておけばよかった。子供、言い出してくれてありがとう!

天体望遠鏡で月を見て感動した

  • 投稿日:

天体望遠鏡で見た月

先日届いたVixen(ビクセン) 天体望遠鏡 ミニポルタ A70Lfで月を見ました。望遠鏡を組み立て、三脚に乗せ、月の方へ向けて可視範囲に収まるところを探すと...いた!月発見!いやあ初めて自分の意志、自分の操作で月のクレーターを見ましたよ。あんなにデコボコしているんですね。海の部分は平ら。月と宇宙の境目は、地球の大気のせいで蜃気楼のようにゆらゆら揺れていました。地球の自転って速いんですね。月はどんどん望遠鏡の視野から外れてゆきます。望遠鏡で月を見ていると「あそこへ行ってみたい」「大気のないところから星空を観察したい」という気持ちが湧いて来ます。今後満月や他の惑星を見るのも楽しみです。