上高地 河童橋の朝

なんとなく憧れていたもののまだ行ったことがなかった上高地、初めて行ってきました。聞くと見るとでは大違い。視覚や言語で理解するのではなく、心に直接焼き付くような、体が震えるような強烈な感動を体験することができました。

上高地バスターミナル

二子玉川から上高地バスターミナルへの直行バスを利用しました。金曜22:30〜土曜5:20着、帰路は土曜15:50〜21:20着を使ったのでほぼ日帰りです。

アイマスク、エアまくら、耳栓そしてマスクとフル装備で車中泊だったのですが、さすが観光バスだとよく眠れました。途中何回かうっすら覚醒したもののほぼ眠りっぱなしで気がついたら上高地に着いてました。

バスターミナルは朝5時台だというのに人が多い!初めてサーキット走行会に参加したときのような、ホンモノの中に入っちゃった感覚です。

上高地の朝

どんどん明るくなってゆく上高地。今日は快晴のようです。

上高地の朝
上高地の朝
上高地の朝
上高地

言葉を失うような、圧倒的な存在。ただ静かに、そこにいるだけなのに涙が出そう。

岳沢
岳沢小屋
上高地

体調しだいと思っていたのですが問題なかったので、計画通りに岳沢小屋まで登ってきました。北アルプスのプチ登山です。

上高地
上高地
上高地
ウエストン碑
上高地
上高地

下山してからも上高地を散策。はあ...言葉にならない。これはクセになりました。また行く。ぜったい行く。

iPhone13 with MagSafe対応 Smooth Touch Hybrid Case for iPhone13 (black)

2年使ったiPhone XR、アップグレードプログラムを利用しているので機種変の季節がやってきました。入れ替えるのはiPhone13 128GBです。オンラインショップで予約したら9月24日の発売日に届きました。黒かと思って選んだミッドナイト、よく見ると紺色っぽいんですね。

iPhone13 with MagSafe対応 Smooth Touch Hybrid Case for iPhone13 (black)
iPhone13 with MagSafe対応 Smooth Touch Hybrid Case for iPhone13 (black)

ケースはMagSafe対応 Smooth Touch Hybrid Case for iPhone13 (black)です。ここ数年はPalmoを使ってきたのですが、iPhone12以降はカメラ部分が大きくなりすぎてさすがに無理があるのでPalmoはXRで卒業です。

新しいケースは見た目シンプル、手触りはよいし分厚くてがっちりガードしてくれそうな頼もしさがあります。少し段差があるので、画面を下向きにして置いても、平らなテーブルの上であればガラス面が直接接地することはありません。

iPhone13に変更したら、AppleWatch(Series5)でロック解除ができない問題に直面してしてしまいました。しかもサポートに電話したら早すぎてまだ情報が集まっていなかったようで、設定のオールリセットを提案されてしまいました。素直に従ったら旧機種から引き継いだ設定をぜんぶ失うわロック解除ができない問題は解決しないわで散々な目にあってしまいました。

この問題についてはOS?のアップデートを待つしかないということなので、楽しみに待ちたいと思います。

新しいiPhoneはカメラが秀逸、超広角の撮影が楽しいです。

姫木平ホワイトバーチキャンプフィールド

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場の次に向かったのは姫木平ホワイトバーチキャンプフィールド。2021年にオープンしたキャンプ場で、訪れるのは2回めです。そう、今回はキャンプ場をハシゴして合計3泊4日の旅なのです。

愛妻の丘

通り雨のあとしばしドライブ。

ツルヤ丸子店

途中ツルヤに立ち寄って物資を補給します。

姫木平ホワイトバーチキャンプフィールド

以前プレオープン時にはまだ完成していなかった炊事トイレ棟が完成して快適度が増していました。お湯が出てウォシュレット。高規格です。白樺の林と芝生、気持ちよくて落ち着く...。

姫木平ホワイトバーチキャンプフィールド
姫木平ホワイトバーチキャンプフィールド

天気もいいし事前の予報では曇りだったことから、スピード設営でタープなしに。このままタープなしで過ごしたかったのですが、天気予報を見たら夕方から夜に雨マークが。雨雲レーダーを見ても予報の時間に向けて雨雲が近づいている模様。前回同様、タープを出してテントの位置も変更、雨仕様に変更しました。今回なぜかタープをシワなくきれいに張れました。

姫木平ホワイトバーチキャンプフィールド

どんどん曇ってきたので早めの15:30焚き火を開始。そうしたら15:55ごろ、さっそく雨が降り始めました。降り始めは予報より早かったのですが、その後は降ったり止んだりだったので焚き火は続行。トータルではそんなに降らなかったので焚き火は最後まで楽しめました。

テントで過ごす、雨の夜

もろもろ片付けを済ませてテント内で過ごしていたら、20:25に再び雨。20:40に土砂降りに変わりました。雨の中テントで過ごすのもまた楽しいですね。こちらのキャンプ場は車道から近くて車の音が若干気になるのですが、雨はそんな音をすべてかき消してくれます。

姫木平ホワイトバーチキャンプフィールド

翌朝は快晴!朝日が眩しく、気持ちよかった。

朝から開いてる温泉へ寄ろうと思って早めの8:40くらいにチェックアウト。そしたら温泉の場所がわからずに通り過ぎたっぽくて、そのまま帰路について昼ごろに帰宅しました。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

今年も行ってきました。少し遅めの夏休みをもらい、無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場でソロ2泊3日です。ゆっくり過ごせて大満足の夏休みでした。キャンプ場はトイレが自動洗浄になってて、気になるニオイがなくなってました。日々改善が進んでいるんですね、ステキです。

1日目

四阿山からの下山後は睡眠不足と疲労で、頭痛や気持ち悪さが...。キャンプ場のチェックインまでは時間があったので、移動開始まで30分ほど仮眠したら若干改善、キャンプ場へ向かいます。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

なんとかタープとテントを立てたら残りの準備は後回しにして、行動食のパンと頭痛薬を麦茶で流し込み倒れ込むように昼寝、14時過ぎでした。このまま眠り込んでしまってもし夜に起きたとしたら今日の焚き火は諦めようと思いながらとにかく睡眠。次に目が覚めたのは15:20でした。意外に早く目が覚めてラッキー。

時間に余裕ができたので、まずは湖畔の湯へ向かいました。湖畔の湯、9月の連休中は混雑しすぎないように整理券配布かつ時間制限ありで運用していたみたいですが、連休最終日は制限なしの通常営業でした。

券売機の順番を待っているとモンベルクラブの割引が使えることを知ったのでさっそく利用、100円引きでした。これもラッキー。

そういえば入浴時、膝の痛みがないことに気づきました。山行の歩行中は少し痛みを感じていたのですが、時間が経ったら痛みが消えていました。これはうれしい...。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

温泉からキャンプ場へ戻り、センターハウスで薪とビールを購入。銀河高原ビールはフルーティーな香りが楽しめると書いてあったので買ってみたら、これ大好きなやつです。リピート決定。ナディア展みやげガーゴイル饅頭を持ち込んでいたので一緒に堪能しました。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場とガーゴイル

どうかね、このキャンプ場は。私としては、大変気に入っているのだがね。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場
無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

無印良品キャンプ場は売店が充実しててありがたいですね。レトルト派なら食材手ぶらで行っても数日間なんとかなりそうです。この日は夕食用に「牛すじとこんにゃくのぼっかけ」と、朝食用に焼きりんごバウムを購入しました。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

この日のために用意しておいたユニフレーム フィールドラックのハーフ天板も大活躍でした。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

一杯飲んだら、焚き火に向けて薪を準備。フェザースティックむずい。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

その後は夕食を楽しんだり、焚き火を楽しんだりしました。

2日目

めっちゃ爆睡。気持ちよかった。膝の痛みもほとんどなく、足全体の疲労もだいぶ回復しています。いい感じ。

バラギ湖から無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場を望む

朝食後は、バラギ湖畔とキャンプ場内の草原エリアを散策しました。

バラギ湖

写真を撮りながら歩くのが楽しみ。

バラギ湖
バラギ湖

風に吹かれて、美しく光り輝く世界を堪能。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

サイトに戻ってコーヒータイム、そして昼食を済ませました。

午後はキャンプ場の林間エリアを散策してから、サイトに戻りバトニング&フェザースティック作りで夜の焚き火の準備をしました。薪は初日にまとめて買っておきました。

さてこのあとまたセンターハウスでビールを買うのですが、今日も風呂に入ってから夕飯にするか、それとも風呂は明日に回して飲み始めようかと迷います。サイトがセンターハウスから遠いので、サイトを離れる用事はまとめて1回で済ませたい。また湖畔の湯は歩くとわりと遠くて帰りに湯冷めしてしまうのでクルマで往復したいところ。

今日は汗をかいたり激しく疲労するような活動はしていないから移動前の朝イチで風呂に入れないかと調べたら、湖畔の湯は営業開始が午前11時からだし、そもそも翌日は定休日みたいです。あぶない、調べてよかった。

ということで晩酌前にクルマ移動で入浴決定。入浴からセンターハウスでの買い物を済ませ、夜の部へ

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

2日目も無印のレトルトおかずにしました。だって手軽でおいしいんですもの。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場
無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

焚き火のお供、初日は何もなしでしたが今日はハイボールにしました。お湯割りでなくても快適に過ごせるのはこの季節ならでは。冬にハイボールだと凍えてしまいます。至福。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

中秋の名月が美しかった。

3日目

最終日は6:20に起床し、ゆっくり片付けながら過ごします。早めに積み込みが完了して時間があるのでまた湖畔を散歩、センターハウスで読書もしました。

それでもまだ時間があるのでサイトに戻ってチェアリングしていたら、9:30ごろ急に雨が降り出してびっくり。降る予報は把握していたものの、予報より随分より早い。慌てて椅子と共に車内へ避難、車内で椅子を片付けてから次の目的地へ向かいました

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

また来まーす!

四阿山頂

2018年に茨木山経由で四阿山に挑戦したものの、計画と体力が見合っていなかったことからその時は途中敗退しました。

でもやっぱり山頂に立ちたい。その時からどうすれば登れるか考え、調べ、準備をしてきました。そして3年経った今回、意を決して再挑戦しました。今回はパルコール嬬恋のゴンドラリフト「パルキャビン」で高度を稼いで標高差を少なくしてから歩いてみたところ、無事に登頂することができました。YAMAPの記録によると前回は行動中の累積標高差が約1,000m、今回は約460mでした。

今回の計画における頼みの綱「パルキャビン」ですが、2021年9月は休日のみの運転なので、今回の自分の予定からすると旅の初日の一番初めに登山を組み込む必要がありました。

朝7:00〜8:00にはリフトに乗車して行動を開始したいのですが、自宅からパルコール嬬恋までクルマで片道3.5時間かかります。当日2時くらいに早起きするか、前日のうちに移動して現地で仮眠を取るかで迷った結果、過去に早起きのまま歩いたらかなりしんどい経験があったので「現地で仮眠」を選択しました。そのほうが万全な体調で歩けるだろう、と期待して。

実際は現地でトイレが使えるかどうかなど不明点もあったので現地到着前に横川SAで休んだのですが、残念ながらあまり眠れませんでした...。助手席をフルリクライニングして寝ようとしたのですが、クルマがそもそも狭いのと足元が寒いせいだったと思います。寝ようとして眠れず起きる、を何度も繰り返したのち寝袋を広げて足を突っ込んだらようやく少し眠れましたが、結局は睡眠不足のまま行動することになってしまいました。

パルキャビン
パルキャビンから望むバラギ湖

駐車場には6:30くらいに到着。どこでチケットを買うのかわからずウロついたりしながらも運行開始直後のゴンドラに乗車。ここから眺めるバラギ湖はハート型でした。

パルコールつま恋リゾート

ゴンドラを降りたここがスタート地点。標高2,050mです。

四阿山へ向かう道

天気がよく、空気は冷たくて気持ちよかった。

四阿山

ステキな眺望。

四阿山

そしてついに山頂へ到着!2,354mです。ようやくたどり着けた...!

四阿山頂からの眺望

山頂からの眺望、少し曇っていたけどまずまずでした。

2度めの挑戦で登頂に成功した四阿山。しかし計画通り順風満帆とは行きませんでした。

今回は睡眠不足が原因で、思ったように体が動かずかなりのスローペースになってしまいました。振り返ると行動前・行動中のエネルギー補給も不足していたかも。下山した頃には頭痛と吐き気がしました。諦めずに登頂できたのはよかったし無事に往復できたのも結果オーライでしたが、またも反省点が残る山行となりました。

でも足の筋力を少しでもつけようとしていた点はそれなりに効果があったようですし、膝の痛みがほとんどなかったのは収穫でした。なにより、山を歩くのはやっぱり楽しかった。

ここがイマイチ

  • 車中泊ぶっつけ本番はよくなかった
  • アイマスク、枕、耳栓も必要だった
  • 今思えばシャリバテしてた

ここがよかった

  • 最近悩まされていた右膝の痛みを克服できた。普段のスクワットや、歩き方に気をつけつつサポーターを使ったおかげで行動中は少し気になったものの下山後はほとんど痛みがない!これはうれしかった。

ふしぎの海のナディア展(2021年9月東京会場)

ふしぎの海のナディア展、東京会場へ行ってきました。GW開催予定でチケットを購入していたのですが緊急事態宣言のあおりを受けていちど延期になって悔しい思いをしていました。しかし今回は無事に開催!30年前のあの、中3の感覚が具体的な熱量や手触りを持って自分の中に蘇る、またとない機会でした。

ふしぎの海のナディア展(2021年9月東京会場)

アサイチ10時受付開始のチケットを購入していたので9:30くらいにソラマチへ到着。しかしエスカレーターは封鎖され、エレベーターも2F以上へゆくボタンが無効にされています。稼働前の案内所に人が見えたので聞いてみましたが、上階へは10時になったら行けるとのこと。同じ境遇で困っている人と少し話をしつつ、しょうがないからトイレにゆく、ポスターを撮影するなどしながら30分ほどソラマチの営業開始まで待ちました。

ふしぎの海のナディア展(2021年9月東京会場)

10時開店と同時に5Fへ移動、案内に従って整理番号順に整列〜入場してゆきます。新型コロナワクチン職域接種と似た運営でした。いやあ楽しみ。

ふしぎの海のナディア展(2021年9月東京会場)
ふしぎの海のナディア展(2021年9月東京会場)
ふしぎの海のナディア展(2021年9月東京会場)
ふしぎの海のナディア展(2021年9月東京会場)

貴重なセル画やたくさん書き込まれた設定資料の数々。あのとき夢中になった世界を、30年の時を経たいま、別の角度から再び体験しています。

ふしぎの海のナディア展(2021年9月東京会場)で購入したおみやげ
ふしぎの海のナディア ガーゴイル饅頭とガーゴイルボールペン

キャラクターの中ではダントツでガーゴイルが好きなので、おみやげもガーゴイルが多めです。あとはN-ノーチラスですね。買いたい物は事前に選んでメモして行ったので、スムーズに買い物できました。特にガーゴイル饅頭は連日午前中で売り切れてしまう人気商品とのことで心配でしたが、なんとか入手成功しました。しかもランダムで貰える入場特典の本編フィルムもガーゴイルのシーン。うれしい。

ふしぎの海のナディア展(2021年9月東京会場)

ネオ・アトラン!

30年経っても色褪せず魅力的な庵野監督作品。これからも「合理的にモノを進めているだけ」「感謝されても恨まれる筋合いはない」「不要なものだからね」といった教えを生かしながら、ビシバシ意思決定してゆきたいと思います。

無印良品 東京有明店

無印良品 東京有明へはじめて行ってきました。あまり前知識を仕入れずいつもどおりに買い物と食事をしただけなのですが、珍しいところではベーカリーと食料量り売りコーナーが目にとまりました。無印良品 銀座からホテルを取り除き、もう少し生活感とビジネス感を強めに出した雰囲気でしょうか。近所にあんなのがあったらしょっちゅう行って長い時間過ごしてしまいますね。

公共交通機関利用ならゆりかもめの有明テニスの森駅ないし有明駅もしくはりんかい線の国際展示場駅が最寄りとのこと。有明近辺に住んでいる人用って感じでしょうか。遠方からわざわざゆくならクルマのほうが便利でよいかもしれません。

THE NORTH FACE | COCOHELI チャリティーモデル

前から気にはなっていたのですが、ココヘリを契約しました。THE NORTH FACEコラボのチャリティーモデルです。

ひとりの登山やひとりのキャンプが好きなのですが、ひとりならではの危険や不安は常につきまといます。特に遭難リスクについては同行者がいないので助けを呼ぶことができませんし、見つけられない場合は失踪者扱いとなってしまい家族にも迷惑をかけてしまいます。

そうはいっても、山登り(というかトレッキングとかハイキング?)は年に数回程度だし、そのためだけに年会費かけてまで対策するのが面倒。あの赤いタグ型の端末もカッコ悪いし...などと消極的でいたところ、なんか黒くてカッコいいココヘリを広告で見かけました。

Webページを見てみると

  • 山だけではなくキャンプや街でも使える
  • ヘリでの捜索、他の登山者や物品の損害への補償がつく
  • スマホアプリでAirTag的なふだん使いもできる
  • 毎年1%が安全登山を守る取り組みへ寄付される
  • TNFロゴ入りの黒くてカッコいい端末
と、気になるような点がまったくないどころかとっても魅力的になっていました。

というわけでこの先のキャンプ・登山シーズンに備えて契約と相成りました。YAMAPの山岳保険にも入っているし、ココヘリを加えることで万一の備えも整ったかな。あとは何事もないよう、慎重に行動しようと思います。

ソロキャン道具を整える

これまで微妙に不便を感じながらも我慢しながら過ごしていたのですが、秋のソロキャンプに備えていくつか追加投資してみました。今回ナイフ以外はアルペンアウトドアーズさんの店舗で買いました。

先日姫木平ホワイトバーチキャンプフィールドさんで過ごしたときに焚き火って楽しいなと改めて思いまして、ちょっと真面目に焚き火と向き合ってみようかと。

まずはグローブ。これまではよくある白い綿軍手を使っていたのですが薪の端が手に刺さってチクチクしますし、調理中には軍手を重ねて熱いやかんなどを掴んでいました。そこで耐熱&耐火グローブです。はじめは牛革のものをと思っていたのですが、店員さんのアドバイスを伺ったりいくつか試着をした結果今回は分厚い軍手的なものにしてみました。厚手なので薪のチクチクもなく、かつほどよいフィット感で細かい作業もできそうです。手首の上の方まで保護してくれるのでやけどの心配も減りそうですね。

次に火吹き棒。これは完全に衝動買いですw グローブが想定予算より安いものになったところに目の前に展示してあったので、つい。いつか欲しいなとは思ってたのですが、それが今回でした。シンプルな形に一目惚れ!

続いてナイフ。すでに折りたたみノコギリ、小型のナタ、小さなマルチツールは持っているのですがフェザースティックを作るためにちょうどよいサイズの刃物がなかったのです。最初はお手頃価格で定番のモーラナイフかなと思っていたのですが、どうもシース(鞘)タイプが好きになれない。いろいろ見て回った結果、最もカッコよかったVICTORINOXの大型ナイフを選びました。通販で買ったので実物は届いてから初めて触ったのですが、ずっしり重くてカッコいい。これはいいものですよ。

最後にユニフレーム フィールドラック用のハーフ天板。いつもアイアングリルテーブルとフィールドラックを食卓や調理台として使っているのですが、ST-310が微妙に安定せずに苦労していました。

CAPTAIN STAG ステンレス ビッグシェラカップ630ml (ブラック)

こんな感じ。メッシュのスキマに脚や風防が落ちがち。

とはいえ黒い金属の見た目が好きなので、上から板を置いて全面覆うのもなんだかなあと思っていたのですが、タイミングよく半分だけの天板が目の前に!これまた衝動買いに至りました。

ほかにもWILD-1さんやスポーツオーソリティアウトドアスタイルさんも見たのですが、今回はアルペンアウトドアーズさんの品揃えがぼくのニーズとタイミングにばっちりハマった感じですね。