Genius Barの仕事の質

  • 投稿日:

AppleのGenius Bar、その仕事の質についてちょっと苦言を。先日MacBookを修理に出して返ってきたのですが、その時の応対になんとなく違和感があったのは先日記した通り。発生していた不具合自体は解消していたのですが、実はまた新たな問題が発生していたのです。

真ん中にも隙間が空いている

それがこれ。ファン交換後の組み立てが不完全で、キートップのパネルと本体との間に隙間が空いてるんでやんの。受け取った時には気づかなかったのですが、うちに持ち帰って使いだしてから気づきました。

左は隙間が空いている右は問題なし

左右を見比べていただければ一目瞭然、浮いてます。自社製品を満足に組み立てられないのはどうかと思いますし、一目見れば分かるようなことを確認もせずに出荷するなんて、正直がっかりしました。後日メールでアンケートが来たので、その旨を回答しておきました。隙間については、後日改めて渋谷のGenius Barを予約して締め直してもらいました。締め直し後も実は完全に元に戻ってはいないのですが、なんかもういいっす。締め直しにわざわざ予約して出向いて1時間半も待つのはもういや!