東京オートサロン2019 #TAS

東京オートサロン2019、ちょっと出遅れて混雑ピークに行ってしまってかなり混雑していたので、メーカーさんのブースを中心に回りました。

東京オートサロン2019 #TAS
東京オートサロン2019 #TAS
東京オートサロン2019 #TAS
東京オートサロン2019 #TAS
東京オートサロン2019 #TAS
東京オートサロン2019 #TAS
東京オートサロン2019 #TAS

東京モーターショーほどではないものの、そこら中にモータースポーツ関係の展示がありました。カスタマイズカー目当ての人たちなので反応はそれほどよくないように見えましたが、それでもこうした地道な取り組みは続けていってもらいたいと思います。

東京オートサロン2019 #TAS

ぼくはといえば、2019年5月31日〜6月2日にかけて開催される「スーパー耐久シリーズ 富士SUPER TEC 24時間レース」のチケットを購入しました。小学生までは無料、駐車料は当日別途2,000円必要です。今年もキャンプで観戦しまーす!

東京オートサロン2019 #TAS
東京オートサロン2019 #TAS

2018年のモータースポーツシーンを語る上で欠かせないのは、TOYOTAさんによるル・マン24時間レース総合優勝と、WRCの年間マニュファクチャラーズチャンピオン獲得でしょう。

東京オートサロン2019 #TAS
東京オートサロン2019 #TAS
東京オートサロン2019 #TAS

見ているだけでも世界タイトルの重みを感じますね。

東京オートサロン2019 #TAS
東京オートサロン2019 #TAS
東京オートサロン2019 #TAS

TOYOTA WRCマシンの細部。いいですね、この迫力。ヴィッツ感ゼロ!

東京オートサロン2019 #TAS

WRC日本招致の成功を願っています!

東京オートサロン2019ではルーフテントがたくさん展示されているということでいくつか見てきました。

東京オートサロン2019 #TAS
東京オートサロン2019 #TAS
東京オートサロン2019 #TAS
東京オートサロン2019 #TAS
東京オートサロン2019 #TAS
東京オートサロン2019 #TAS
東京オートサロン2019 #TAS
東京オートサロン2019 #TAS

見た目的には三角テントが好きなのですが、雨の日の出入りが大変そう(濡れそう)なのが気になります。広くて便利そうなテントは、使用時の形態がいまいち好きになれない。子供が大きくなったらきっとソロキャンプ主体になると思うので、それまでに選択肢を広げておきたいと思います。ニヤリ。

東京オートサロン2019(Mazda3編)

  • 投稿日:

久しぶりに東京オートサロン(TAS)へ行ってきました。
一番のお目当ては、新型Mazda3の日本国内初展示。

2019 Mazda3

2019 Mazda3

Tokyo Motor Show 2017

2017 魁 CONCEPT
こうして並べてみると、コンセプトモデルそのままというか、逆にコンセプトモデルを市販前提でつくっていたんだなというのがよくわかりますね。

2019 Mazda3 (movie)

鼓動デザインの進化版は、一見シンプルなのですがなんとも妖艶な、艶かしい雰囲気をまとい、怪しく光っています。写真には映らない美しさが、ある。もう一度実物を自分の目で見て、触れて、そして運転してみたいですね。

人が多くてゆっくり見られなかったのですが、パっと見の印象はかなり高級な雰囲気。現行のアテンザを飲み込むほどの存在感で、ボディも全幅1,797mmとかなり大きめです。

2019 Mazda3 18インチホイール

行列のできていたカスタマイズモデルは18インチホイールを履いていました。標準車も18インチなのかな?

2019 Mazda3、見た目の魅力は文句なし。あとはやはり世界初、ガソリンエンジンでの予混合圧縮着火(正確にはSPCCI(火花点火制御圧縮着火))を採用したというSKYACTIV-Xの走りと燃費性能を体感してみたいですね。実車に試乗するのが楽しみです!

ソレイユの丘キャンプ場そばの海

ソレイユの丘でキャンプした折、城ヶ島へも足を伸ばして横須賀と三浦の海を堪能してきました。同じ神奈川県でも自分の暮らしているあたりとは全く雰囲気が違っておもしろいですね。子供も今回の行程では「海が楽しかった」と言っていました。城ヶ島公園では、第2駐車場が無料だったはずと思って向かってみたら有料駐車場の料金ゲートが!いつの間にやら仕組みが変わっていて、島内の有料駐車場ならどこでも駐車できる「1日駐車券」を購入するようになっていました。結局は公園の第1駐車場にしか止めなかったのですが、城ヶ島観光を半日〜1日楽しむには良い制度かもしれないですね。

ソレイユの丘キャンプ場そばの海
城ヶ島
城ヶ島
馬の背洞門
城ヶ島
波と砂浜
相模湾と富士山
謎の雲
ソレイユの丘キャンプ場の夕焼け

太陽、波、岩。朝から夕方までの海を堪能することができました。

城ヶ島 安房岬灯台

灯台のあたりには釣り人がたくさん。今度は釣り目的で来てもよいかもしれませんね。

ソレイユの丘キャンプ場

なかなか予約が取れないオートキャンプ場、長井海の手公園 ソレイユの丘オートキャンプ場の予約が取れたので新年初キャンプしてきました。この日の予約は定員の半分程度と空いていました。隣のサイトとの間隔も十分だし、この寒い時期にテント泊をするようなキャンプ好きの人々なのでマナーもよく、夜中までバカ騒ぎをする人もいないので静かに快適なキャンプを過ごすことができました。クルマを横付けできるオートサイトもメンテナンス中なのかクローズされていたので、ますます空いていて過ごしやすかったです。逆に、夏場など人が多くなるとかなり窮屈に感じそうな気がしますね。
実はうっかりモコモコダウンのジャケットを自宅に忘れてしまったのですが、夕方から風が強くなったものの気温はあまり下がらなかったし、山用のウルトラライトダウンとレインジャケットも持っていたので寒くはありませんでした。ただこの時期に防寒着を忘れるのは気温によっては致命的なのでここは反省点ですね。

広大な公園敷地の奥の方にある芝生スペースがフリーサイト、オートサイト、そしてコテージを備えたキャンプ場エリアになっています。事前の口コミどおりですが、フリーサイトから水場・トイレはちょっと遠いと感じました。
管理棟で販売されている薪ですが、杉が3kg 900円、広葉樹が3kg 1,000円!いずれも消費税込みでしたが、それでも高価すぎて焚き火は諦めました...。
敷地内にある「海と夕日の湯」を宿泊者向けの割引価格で利用できるのですが、キャンプ場のお風呂としてはとても贅沢で快適でした。単独の温浴施設としては、まあふつうというか、ちょっと狭いかもしれません。

ソレイユの丘キャンプ場 入場待ち

9時30分位に一度現地近くまで到着してしまったのですが、ちょっと早すぎるのでUターンしてAコープで買い物をし、あらためて10時過ぎに第1駐車場へ到着しました。フリーサイトのチェックインは11時からなので宿泊者向けの駐車場へはまだ入れません。公園を散策しに行こうかとも思いましたが、クルマで仮眠を取りました。

ソレイユの丘キャンプ場 フリーサイト用駐車場

11時になったら宿泊者用の駐車場へ向かいまして、サイトから少し離れた駐車場に駐車します。

ソレイユの丘キャンプ場

チェックインの手続きをしたら、荷物はキャリアを借りて運びます。※このあと芝生エリアで崩れました。

ソレイユの丘キャンプ場
ソレイユの丘キャンプ場
ソレイユの丘キャンプ場
ソレイユの丘キャンプ場

風向きがよくわからなかったので、海を眺められるポジションへ設置。すぐそばにある展望エリアに登ると海や富士山を見ることができるのですが、サイトからは海や富士山を直接見ることはできませんでした。

ソレイユの丘キャンプ場

コーヒーをいれて、音楽聞いちゃう。至福。

ソレイユの丘キャンプ場でビール

散歩しながらビール飲んじゃう。至福。

ソレイユの丘キャンプ場そばの海

海へは、日中ゲートが開放されている時間帯であれば降りることができます。20mほど降りると海岸です。ゴツゴツした岩や貝殻、波と戯れていると時間を忘れてしまいますね。

ソレイユの丘キャンプ場
親子の影

夕方。目に見える景色すべてが美しい。

ソレイユの丘 海と夕日の湯

こちらがお風呂「海と夕日の湯」です。宿泊者は割引があるのと、当日だけではなく翌日も割引価格で入浴可能ということでした。

夜は昼の穏やかな雰囲気から一転してものすごい強風!長い時間ずっとテントを揺すられ続けるので途中で目が覚めたし、風が収まるまで眠れませんでした...。アンケートの「不満なところ」欄にあらかじめ「風が強い」が選択肢として用意されている理由がわかりました。ただ、夜は星がたくさん見えて宇宙を感じることができましたし、風が収まると海の音がよく聞こえました。

ソレイユの丘キャンプ場

そして朝。海の上の雲に見とれたりしつつ、チェックアウトは10時とちょっと早めなので朝食後すぐに撤収を開始。9:30くらいにチェックアウトをしてクルマを一般駐車場に移動、再度海岸に降りて海で遊んでからソレイユの丘をあとにしました。

今回は冬で空いていたのと、冬の割に暖かい日だったという好条件も重なったので快適にゆったり過ごすことができました。ただ、もっと寒かったら辛かったでしょうし、もっと人がいたら快適度は下がったと思います。公園の中なので小さいお子さん連れにはとっても便利なのではないかと思います。あと薪はあらかじめ用意して持参したほうがコスパはよいと思いました。

湘南のジェラテリア The Market SE1

  • 投稿日:

Untitled

10年ぶりくらいでしょうか、久しぶりに湘南のジェラテリア The Market SE1さんへ行ってきました。

Untitled

焼きたてのナポリピザ、ビール、食後にはジェラートもいただきました。ピザはぜひ食べたほうがよいとオススメされていたのですが、たしかに激ウマー!

ところで今回の訪問、ある意味モータースポーツ活動の一環なんです。

Untitled

SE1の新シェフは、昔Honda Racing F1 Teamの専属シェフを務められていた経歴をお持ちなんです。いってみればシェフ自身がF1チームの一部、F1の一部でもあるわけで、つまりぼくは今日F1を味わい、F1と談笑してきたというわけです(錯乱
取り乱してしまいましたが、こんな形でもF1,モータースポーツと触れ合うことができるんですよね。湘南江の島へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

正月といえば湘南T-SITE

  • 投稿日:

Untitled

ここ数年の恒例になっている、お正月の湘南T-SITE訪問。今年は短時間だったのであまり本を物色することはできなかったけれど、1人の時間と家族の時間を過ごすことができました。今年は新しいアクティビティに手を出すよりは、登山と釣りの経験を積む感じですかね。物欲的にはルーフテントがほしいけれど今の自分にはちょっと高価かな...。

2019年もよろしくお願いします

  • 投稿日:

Untitled

2019年は気持ちのよい快晴で始まりました。

Untitled

行きたいところへ行き、会いたい人に会う。やりたくないことはあまりやらない。そんな人生にしてゆければいいなと思います。
今年もよろしくお願いします!

Untitled

AndroidタブレットとBluetoothキーボード、タブレットスタンドをダイソーのティッシュケースに収納するといい感じなのでシェアさせていただきます。

Untitled

こんな感じで、ダイソーのティッシュケースの中にAndroidタブレットとBluetoothキーボード、タブレットスタンドがシンデレラフィットするんです。スタンドは同じくダイソーで買ったスマホケースに収納しています。

Untitled

このフルセットが、ダイソーのティッシュケースにオールインワンでスリムに収納できるんです。ティッシュケース、タブレットスタンドとスマホケースの3点で総額324円の出費です。ティッシュケースならではの取り出し穴は自力で3箇所ほど縫い合わせました。

Untitled

タブレットスタンドもダイソーで購入。このまま一緒くたに収納するとタブレットやキーボードを傷つけそうだったので、タブレットスタンドはスマホケースに収納してから放り込んでいます。

なんとなくクッションに入れるのも芸がないかと思ったのと、どうせなら必要なものすべてを1箇所へ収納したいと考えた末に今回のチョイスにたどり着きました。これでしばらく使ってみようと思います。