2011年8月の京都帰省(5日目)

  • 投稿日:

談合坂SAのペットほっとエリア

5日目は移動日。途中何カ所かで渋滞がありそうだと予想はしていたものの、岡崎の渋滞はひどかったです。伊勢湾岸道から東名へ合流しようとする渋滞の距離は8kmとか5kmとかでしたが、車列がほとんど動かないんです。40分ほど経っても進んだ距離はおそらく数百メートル。これではいつ帰れるか分からないし、東名へ合流できたとしてもその先もさらに岡崎で渋滞、静岡や神奈川でも渋滞しているとのことなので、迷った挙げ句に東名ルートを諦めて中央道へ回ることに。くねくねと曲がりくねった中央道の土岐〜岡谷間を走ったのはもう10年以上ぶりでしょうか、学生時代に何度も通った道なので、ちょっと懐かしかったです。
諏訪湖SAまで辿り着いた時点でいったん奥さんと運転を交代してもらい、しばらく仮眠を取ることに。起きたら・・・また渋滞でした。なんとか談合坂SAまで辿り着いたものの、SAから出ようとしているクルマがほとんど動けないほどSA内、そして当然本線も渋滞していました。ここで早く帰るのを諦め、少しでも渋滞が緩和するのをじっくり待つ作戦に変更。軽く晩ご飯を済ませたあと、ちょうどよい具合に「ペットほっとエリア」という名のドッグランがあったので、そこで遊んでみました。ドッグラン以外にも芝生の広場があって、まるでキャンプ場にでも遊びにきた雰囲気。期せずして旅行気分を味わうことができ、これはこれでよかったかな、と思うことができました。
談合坂SAで2時間ほど過ごしたでしょうか、SA内で団子状態になっていた車列は姿を消したので移動再開。本線は上野原の先まで混み合っていましたが、出発から12時間ちょっとかけ、なんとか無事に帰宅することができました。年末年始、GWやお盆の移動は、やはりピークをずらした夜中にしようと心に固く誓ったのでした。