「スーパーGTメーカー合同テスト」を鑑賞

  • 投稿日:

20140323 SuperGT Testing

富士スピードウェイで行われたスーパーGTメーカー合同テストを見てきました。今日も息子とふたりです。2014年からGT500クラスの車両が一新されるという事でどんなものかチェックするのが目的でした。エンジンが2013年までの3.4リッターV8自然吸気エンジンから2.0リッター直4直噴ターボエンジンへダウンサイズされているので音の迫力が減っているのではないかと心配していましたが、思った以上に元気のいい音を響かせていたので一安心といったところでしょうか。

8時前に現地へ着いたので、息子とスタンプラリーを楽しみつつパドックをうろつきます。

20140323 SuperGT Testing

早朝のひとコマ。タイヤいっぱい。

20140323 SuperGT Testing

各チームが準備中。タイヤいっぱい。

20140323 SuperGT Testing

競技専用タイヤ。330/710 R 18と書いてありました。

20140323 SuperGT Testing

トヨタのニューマシン。

20140323 SuperGT Testing

定刻通り10時に走行開始。
「激感エリア」からはピットインしてくるクルマを間近に見る事ができます。ホームストレート走行中のクルマも自分の目線と同じ高さを走ってゆくので迫力満点でした。

20140323 SuperGT Testing
20140323 SuperGT Testing
20140323 SuperGT Testing
20140323 SuperGT Testing
20140323 SuperGT Testing
20140323 SuperGT Testing
20140323 SuperGT Testing
20140323 SuperGT Testing

トヨタが速い反面、ホンダの苦戦が目立ちました。今年のホンダは厳しそうですね。日産は引き続きGT-Rなので、ぱっと見は2013年との違いがよく分かりませんでした。どちらかというとGT300クラスの見た目に近づいたので500クラスならではの迫力がちょっと減ってしまった感じかも。排気音もだいぶおとなしくなった印象です。でも23日午前中はGT-Rがトップタイムをマークしていました。

GT300とGT500を比べると、500の方が高い音ですが300の方が音が大きい気がしました。

おっとっと。1コーナーでは姿勢を乱したりコースアウトしたりスピンするクルマが多かったように思います。テストだからですかね?

最後にみんなでタイムアタック。なかなかの迫力でした。

20140323 SuperGT Testing

おまけ。マツダ同士は引き合うの図。見かけるとつい隣に駐車してしまうんですよね。お互い。