Red Bull Showrun Tokyo(レッドブル・ショーラン東京)を現地で生観戦、大迫力で感動!

  • 投稿日:

Red Bull Showrun Tokyo(レッドブル・ショーラン東京)2019.3.9

2019年3月9日、明治神宮外苑いちょう並木で実施されたF1の公道走行イベント「Red Bull Showrun Tokyo(レッドブル・ショーラン東京)」を現地Cエリアで生観戦してきました。東京都内の公道をF1マシンが走るのは初めてという歴史的瞬間。またトップチームの現役F1レギュラードライバー2名が登場、しかも2台同時に走行するというこれまでにはないスペシャルなイベントでした。過去には2011年にRed Bull Energy for Japan(横浜元町の公道デモラン)を見に行ったのですが、あの時も1台だけだったし、ドライブしたのは非レギュラーのブエミ選手でした。
目の前をあっという間に通り過ぎるマシン、一瞬遅れて耳に届く爆音、そして残像のように漂う残り香...た、たまらん。やはり自然吸気2.4LV8エンジンはいい音をさせてくれますね。迫力が違う。たまたまタイミングよく優先エリアのチケットを予約できたのは本当にラッキーでした。

事前

2月22日の朝起きたら、このイベントの開催告知と優先エリアの募集をたまたまTwitterだったかな?なにがしかのSNSで発見。横浜元町の経験から優先エリアでないとおそらく見られないだろうと思いつつ、優先エリアはどうせ瞬殺で売り切れるんでしょ...?と思いながらダメモトで7時過ぎにベッドの中から申し込んだら、なんとチケットゲットに成功しました。8:30ころには「すでに売り切れてた」というツイートを見かけた気がするので、気がついたときに即時アクションしたのが奏功したようです。何よりも朝イチで募集に気づけたのがラッキーでした。

当日

早朝は子供の習い事の送迎。待ち時間に某記事のアウトラインを作成。いったん帰宅したらここからがぼくのイベントスタートです。10:00の電車に乗って外苑前へ移動。イベントは14:00開始ということでしたが優先エリアのリストバンド交換は9:00-12:00ということでした。はじめはイベント開始直前に現地へ行こうと考えていたので、注意事項は事前に読み込んでおかないといけませんね。

Red Bull Showrun Tokyo(レッドブル・ショーラン東京)2019.3.9
Red Bull Showrun Tokyo(レッドブル・ショーラン東京)2019.3.9

10:30くらいにリストバンドと交換して10:40くらいに現地の下見に行ったら、当日受付フリーエリアの前にはすでに長蛇の列が!

Red Bull Showrun Tokyo(レッドブル・ショーラン東京)2019.3.9
Red Bull Showrun Tokyo(レッドブル・ショーラン東京)2019.3.9
Red Bull Showrun Tokyo(レッドブル・ショーラン東京)2019.3.9
Red Bull Showrun Tokyo(レッドブル・ショーラン東京)2019.3.9
Red Bull Showrun Tokyo(レッドブル・ショーラン東京)2019.3.9
Red Bull Showrun Tokyo(レッドブル・ショーラン東京)2019.3.9

下見をしている最中もイベントの準備は着々と進行していました。やっぱり1度に2台というのは希少価値ありますね。

Red Bull Showrun Tokyo(レッドブル・ショーラン東京)2019.3.9

実際に観覧する予定のCエリアからの眺め。だがしかし、ここでこれから3時間近くず〜っと立って待つのはつらそうだし、人数限定優先エリアの権利があるから走行イベント開始ギリギリに現地へ着いても一人分のスペースは確保できるだろうと判断、青山一丁目へ移動してホンダ本社前の展示をみてからドトールへ移動。昼食を取りつつYouTubeでキックオフイベントを視聴したりしながら過ごしました。

Red Bull Showrun Tokyo(レッドブル・ショーラン東京)2019.3.9
Red Bull Showrun Tokyo(レッドブル・ショーラン東京)2019.3.9

青山一丁目Honda本社前にも人だかりができていました。

Red Bull Showrun Tokyo(レッドブル・ショーラン東京)2019.3.9

13:50くらいにCエリアへ戻ってきたところ、期待通り最前列ではないもののスペースには余裕がありました。

Red Bull Showrun Tokyo(レッドブル・ショーラン東京)2019.3.9

F1マシン走行直前「ヒーローラン」の様子。おわかりだろうか、ベイダー卿が微妙に写り込んでいるところが。(このあとのオフ会でご本人に写真提供させてもらいました)

View this post on Instagram

F1マッシーン!カッコよかったよー

Hiroaki Taguchiさん(@hiroaki.taguchi)がシェアした投稿 -

楽しい時間はあっという間。走行シーンは2台あわせて5.5往復で賞味15秒くらいでしょうか。たった15秒、けれど幸せな15秒でした。レッドブルさん、素敵なイベントをありがとうございました!