松本から美ヶ原高原美術館、ビーナスラインを経て蓼科へ

  • 投稿日:

Untitled

今回の旅のもうひとつの目的、それはビーナスラインのドライブです。雨中のビーナスラインはどんな感じでしょうか?

Untitled

信号待ち中に松本城をチラ見。このあと遠回りし信州大学を眺めてからいよいよ山道へ入ってゆきます。運転中は標高が上がるに従ってどんどん周りが白くなり、視界が塞がれてゆきます。前が見えなくて怖かった。

道の駅美ヶ原高原(美ヶ原高原美術館)
道の駅美ヶ原高原(美ヶ原高原美術館)
美ヶ原高原
美ヶ原高原

標高約2,000mの道の駅美ヶ原高原(美ヶ原高原美術館)へ到着したら常時クルマが揺さぶられるほどの強風、16度という寒さ、そして叩きつけるような雨ですよ。まともに歩けない。これ、もし燕岳へ登っていたとしても同じような感じだったのでしょうか。やめといてよかった...。

道の駅美ヶ原高原(美ヶ原高原美術館)

松本市街から入山辺〜三城牧場・アザレアライン〜ビーナスラインで美ヶ原高原美術館〜扉峠〜和田峠〜霧ヶ峰〜車山高原〜白樺湖〜蓼科湖〜諏訪ICと走りましたが、上も下も景色は全部同じだったw
でも視界が悪く滑りやすい路面のおかげで、クルマの挙動を感じたり運転操作に集中できたのはよかった。最近久しくこういったワインディングロードを運転しておらず、きちんと「運転」できていなかったんだな、ということに気付かされました。久しぶりのせいか年齢のせいか、ビーナスラインを走りきったあとはずいぶん疲れを感じてしまいましたが、クルマの運転はやっぱり楽しい、そう思い出すことができる貴重な時間でした。