2010年9月の3連休(3日目)

  • 投稿日:

芋掘り 芋掘り

2010年9月の3連休最終日は、兄が借りている市民農園へ収穫へ行く予定でした。しかし朝からあいにくの雨模様。楽しみにしていたけどこれは中止かな、と思っていたら雨が弱くなってきたので、予定通りに畑へ遊びにいくことができました。娘と一緒にはじめての芋掘り(娘は芋の手前のちいさな葉っぱをひっぱっていた)やアマガエル(娘は走って逃げた)などを堪能し、親子ともどもどろんこになって楽しみました。
畑を堪能した後は、昼ご飯を食べにインターパーク宇都宮南を訪問。宇都宮上三川インターチェンジに直結した巨大なショッピングエリアでした。こちらではショッピングヴィレッジでの食事のあとFKDショッピングモールにもいってみました。敷地が広大すぎて途方に暮れていたところ、娘が案内板のおもちゃ売り場を何度も指し示すのでおもちゃ屋へ移動。娘はフォークリフトのミニカーやプラレールに夢中で、母や兄のことなどおかまい無しに自分だけ楽しんでいました。
お昼のあとは駅まで送ってもらって、ここで母、兄とはお別れ。娘と二人で14時前に帰路につきました。帰り道も娘は寝ません。そんなに電車が好きなのか!などと思いつつ、JRから私鉄への乗り換えでは急行に飛び乗れたのでこれは早く帰れるね、ラッキー、などと思っていました。私鉄の中では娘の抱っこ星人がピークに達して「抱っこ、抱っこ、だあ〜っこ〜!」を連呼してしゃがみ込むので抱っこし通し、いいかげん腕がいたくなりました。しかし最寄り駅まであと一駅、もうすぐうちに帰れると思っていたら、なんと人身事故で電車がストップ!再開のめどが立たないようなので途中下車して時間をつぶしました。駅前広場でのフラダンスのイベントを冷やかす、何気なく立ち寄ったカバン屋で今欲しいドンピシャスペックのカバンを見つけてしまい危うく買いかける、喉が渇いたのでドトールでマンゴージュースとカフェラテをいただくなどしながら、全列車各駅停車で運転再開をしたようなので予定より1時間半ほど遅れてようやく帰宅しました。
今回は普段は離れている母と娘との時間をできるだけ多く確保したかったこと、兄に少し成長した娘と会ってほしかったこと、普段二人と一匹の面倒を見ている奥さんの負担を少しでも軽くしたかったこと、そして自分自身の楽しみのために思い立った栃木一泊の旅でしたが、おおむねうまくいったのではないかと思います。娘はときおり「ママ、ママ」と口にするものの泣き出したりぐずったりすることも無く、ぼくとふたりっきりでの片道2時間少々+見知らぬ土地に一泊という長旅も難なくこなしてくれたのでありがたかった。これでまた違うところへもいってみたいものです。あと、今使っているカバンは二人分の着替えとおむつを入れるのが難しいので、今度また電車などで小旅行することがあったら、今日買いかけたようなカバンを買おうと思います。今度はクルマで家族旅行っていうのもいいかも!