東急大井町線の急行に乗った

  • 投稿日:

東急6000系

先日、東急大井町線の急行(6000系)に乗車する機会がありました。二子玉川から大井町まで、停車駅は、二子玉川を発車すると自由が丘、大岡山、旗の台、そして終点の大井町というわずか5駅で、所要時間が従来の24分から6分短縮されて18分になった、というのがトピックスです。体感的には、二子玉川を発車してからあっという間に大井町に着いた感じで、かなり早くなった印象です。もうひとつのトピックスは、急行専用の車両6000系(新6000系)が採用されたことです。この車両、先頭車両の尖った感じなどがぼく的にはとてもかっこいいと思います。乗車してみるとまだ新車のにおいがしますが、最近の電車にある「いかにも効率が良さそう」な感じがぐっときます。2009年6月には溝の口まで延伸されるので、都心アクセスの利便性向上と、横浜市営地下鉄グリーンライン開通と合わせた田園都市線の混雑緩和効果に期待したいです。