インディジャパンのチケットが届きました

  • 投稿日:

インディジャパンのチケットが届いた

2011年9月18日決勝のインディジャパンのチケットが届きました。自由席大人1枚+子ども1枚+駐車券です。チケットだけなのに送料が600円もかかるの?と思っていたら、チケットに加えてステッカー2枚とサーキット案内図が同梱されていました。(これでも送料600円は高いようには思いますが)
インディーカー・シリーズとはアメリカIRLが主催する四輪レースで、F1に似たオープンホイールのフォーミュラカーで争われます。2010年からはF1時代から応援している佐藤琢磨選手が参戦していて、2011年は日本人ドライバーしては佐藤選手が唯一となっています。2011年は第4戦サンパウロで23周の間1位を走ったり、第8戦アイオワでは予選でポールポジションを獲得するなどの活躍を見せています。
インディジャパンは栃木県のツインリンクもてぎで1998年から13年間続けて開催されていますが、2011年が最後の開催になります。最後の年なのに3月の震災の影響で一時は開催そのものが危ぶまれました。結局オーバルでの開催は断念されたものの、最初で最後のロードコースでの開催となりました。
F1からインディへ戦いの場を移した佐藤琢磨選手。インディジャパンがなくなってしまうと、レースをする彼を見るには渡米して観戦するしかなくなりますが、それはぼくには敷居が高い。ということは今回のもてぎが、現役でレースをする彼を見る最後のチャンスということになります。うちからなら鈴鹿よりも近いし、これはなんとしても見に行かねば!
チケットは自由席なら大人6,000円、3歳〜中学生は500円ととってもリーズナブル。これに駐車券2,000円が必要ですが、それにしてもF1の狂った価格と比較するとこんなに安くていいんですか?いいんです!的良心価格です。
日本国内では最後の開催となるインディジャパン、楽しんでこようと思います。