無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場で、男2人の2泊旅(1日目)

  • 投稿日:

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場で2泊してきました。本当は家族全員で行くはずだったのですが、上の子がどうしても平日に学校へ行きたいということになったので急遽息子との2人旅に。これがとっても楽しくて、幸せな気持ちを堪能することができました。

握り寿司のようになった

キャリアにボックスを満載。事前に準備しておいたベルトにネットでがっちり固定した姿はあれです。そう、握り寿司。

ちょっと傾いている

無印良品頑丈ボックスはアイリスオーヤマのRVボックスより少し大きくて、普通に並べると押し出されてちょっと傾いてしまいました...。

ラゲッジルームは満杯
後席は空

ラゲッジルームはいっぱいですが、後席は空けることができました。ファミリーキャンプの準備をしていたので当然と言えば当然ですが、期待したほどの余裕はなかったので今回がファミリーならちょっと危なかったかも。

虫がいっぱい

高速道路をしばらく走ると、虫がたくさん付くんですね。
はじめはおそるおそるゆっくり走りましたが、普通に高速走行をしても全く問題ありませんでした。若干重心が後ろに移動するのとダウンフォースが大きい?的な印象を受けましたが、特にフラつく感じもなくて普通に走ることができました。
燃費は往復500kmちょっとで燃料を半分使いました。それほどの燃費悪化はないようで安心しました。

卸売センター サンエイ

卸売センターサンエイで食材を買い足しました。炭はセンターハウスでは750円だったかな?サンエイさんでは500円だったので、キャンプ場入りする前に事前購入するのがよいようです。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場
無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

で、お寿司のクルマはキャンプ場へ到着。渋滞のピークをうまく外せたので目立った渋滞もなく、6時30分くらいに出発して12時前には買い物も済ませた状態で現地へ到着しました。
GWはチェックインの列がセンターハウスの外まで続いて長時間待たされるのですが、チェックイン開始の13時より前でも「チェックイン以外」はできるんです。出発前に「ご利用者名簿」を記入済みにしておき、早めに到着したらそれを持ってセンターハウスのチェックインカウンターへ。支払いを済ませ説明を受けたらいったんセンターハウスから退散し13時まで待ちます。そして13時になったら支払済の領収証を持って支払済の人用の別の列へ並ぶとすんなりチェックイン完了です。このチェックイン前の支払いは並ぶ時間が比較的少なめなので、結果として13時まで待ってからチェックインを試みるよりも「比較的」スピーディーにチェックインすることができます。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場
無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

今回は林間サイトのC4を予約しました。木漏れ日が心地よく、落ち着く空間でした。反面、朝晩は日差しが届きにくいせいかちょっと寒かったかも。原っぱのサイトは眺めと日当たりがよいのですが傾斜がきつめだったり、暗くなってからクルマのヘッドライトをつけて作業をする人たち、朝から音楽を流している人たちがいるなどフリーダムな感じだったので林間サイトを選んで正解でした。林間サイトは大人の空間。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場
無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場
無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場
無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場
無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

クルマを停める場所が木でわかりやすくしてあって、もてぎではやっちまった感のあるぼくでも間違えずに利用することができました。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

今回は電源なしサイトしかないので1枚あたり約1,400円のマットを追加投入するなど地面からの冷えを完全シャットアウトすべく準備していました。その甲斐あって下からの冷えは問題なかったのですが、朝晩は空間全体がものすごく寒かったのと0℃対応のシュラフがあまり効果を発揮してくれなかったようなので寝る時寒かった...。途中からダウンの上着を着込んで外へ出る格好をしてようやく眠れるという状態でした。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場
無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

あこがれのTetra DripROO Garbageは期待通りの活躍を見せてくれました。見た目よし、機能よし。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

近所のサイトには犬連れのご夫婦、犬はいないけれどご夫婦、若めの男女2人連れなどファミリーよりもカップルが目立った印象です。そんな中、我が家は男2人旅。シブイ。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

もうひとつ、今回こっそり追加投入したのがFIELDOORのコンパクトチェア。いわゆるHELINOX(ヘリノックス)の劣化コピー的なアレですが、これはコスパがよく買ってよかったと思いました。これのおかげで焚き火が超快適。男の絆も深まるというものです。
1日目はサイト設営のあとコーヒーとおやつタイム、16時頃に徒歩約5分の湖畔の湯まで歩いて往復、薪を買って焚き火を楽しみ、2人で寝転がって星空を眺めてから20:30くらいに寝ました。