「はるの川音の郷」で初グループキャンプ

  • 投稿日:

はるの川音の郷

2016年10月の3連休。年初はF1日本GPへ行こうかと思っていたのですが、レース観戦はせずに2泊3日でグループキャンプをしていました。もう〜キャンプ好きすぎ〜。

はるの川音の郷

今回はそう、初めてのグループキャンプなのです。予約もお任せしまして、静岡県浜松市の北のほうにある「はるの川音の郷」へ行ってきました。

はるの川音の郷
snow peak トルテュ Pro.

2台ともマツダ車。お友達の方はガチスノーピーカーでした。だってトルテュ Pro.ですよ。アメドじゃないんですよ?

はるの川音の郷
MSR

うちはいつも通りMSRとトイプードル。

エリッゼステーク

今回は地面が固いのでスチールペグを用意すべし、とのことでした。スチールペグを持っていなかったので急遽用意したのは憧れの鍛造エリッゼステーク。これを用意してよかった。とにかく地面が固くて、鍛造でも途中までしか打ち込めませんでした。テントやタープ付属のペグだけだとすぐに折れ曲がって途方に暮れていたでしょうね。あと、貸してもらったスノピのペグハンマーだと固い地面でもガンガン刺さってゆくので感動しました。たぶんハンマーは買います。

はるの川音の郷

こちらのキャンプ場、基本的には高規格で快適なのですが、サイトが狭くロープで区切ってあるだけなので隣との距離がものすごく近い。電源サイトにしたのですが電源の場所が中途半端でしたし、サイトの中にクルマを乗り入れることができなくて駐車スペースを利用する必要があったのですが、どこに駐車してよいかわからなくて困りました。今回のようなグループでとなりあっての利用なら便利なのですが、隣が別の家族だとちょっと近すぎてプライバシーの確保が困難ですね。

はるの川音の郷
はるの川音の郷
はるの川音の郷

その名の通り川が目の前のロケーションは抜群。時期的にも暑くなく寒くもない絶妙なコンディションでした。1日目の土曜日は道中が豪雨でしたが現地は曇りのち晴れ間も見えて快適。これはよい方に天気予報が外れたねーと思っていたら就寝中の深夜に豪雨が来ました。どのくらい豪雨かというと、雨音が怖くて起きてしまうほど。

はるの川音の郷

雨は2日目日曜の朝まで続きました。なかなか雨が上がりきらないので、子供達はティッシュでてるてる坊主を作っていました。使用後じゃないですよ、てるてる坊主の群れです。

はるの川音の郷

その願いが叶ったのか午前中に雨は上がりました。サイトやテントへの浸水もかろうじて回復可能なレベル。ここで2チームに分かれてそれぞれの時間を過ごします。ぼくとりんちゃんはサイトでゆっくり過ごし、それ以外のみんなはお出かけです。

はるの川音の郷

チームってなによ2人だけ?人間1人だけってどんだけロンリー?

春野福祉センターすみれの湯

お風呂は2日とも春野福祉センターすみれの湯を利用しました。こちら、キャンプ場のWebサイトでは大人1人100円とありましたがこれは古い情報です。平成26年4月1日に料金改定があり、2016年10月現在では中学生以上200円、小学生100円、未就学児は無料でした。キャンプ場内の家族風呂は予約制で30分1,080円、すみれの湯はクルマで5分程度ですが受付が16時30分までで利用は17時まで。ご利用は計画的に。写真は本文とは関係なく、たまたますみれの湯の駐車場にいたCX-3とのツーショットです。

はるの川音の郷
はるの川音の郷

2日目の夜は夕焼けと半月。この美しい風景を見られただけでも満ち足りた気持ちになれますね。期間中2回豪雨にやられましたが終わりよければすべてよし、といったところでしょうか。
初めてのグループキャンプは思いの外楽しかったので、また別の機会を作りたいと思います。ありがとうございました!