2022年登り初めは高尾山、タカオネ宿泊そしてTAKAO 599 MUSEUM

  • 投稿日:

2022年登り初めは息子と2人で高尾山、しかも下山後はタカオネへ宿泊してゆっくり楽しみました。TAKAO 599 MUSEUMも初訪問してきました。

1日目:高尾山


2021.1.9 高尾山口駅

年末ほどではないものの今回も晴れ。気温も年末よりは高いので快適な登山になりそうです。

On シューズ

今回、登る前にタカオネのシューズレンタルを利用。子供が大きくなってこれまで使っていた登山靴がもう使えなくなっていたのですが、レンタルできるのはありがたいですね。On の防水登山シューズはふわふわゴツゴツして不思議な履き心地だったそうです。

高尾山6号路登山口手前

ケーブルカー脇から6号路登山口入り口までの舗装路が滑りやすくなっていました。午前中はもちろん、午後になって下山する頃にもまだ圧雪が残っていたのでつるつるでした。

高尾山6号路

子供のペースに合わせるとスピードがゆっくりになり、その分自分の方に余裕ができるので山岳カメラマンごっこができます。

高尾山頂から見る富士山

山頂は人でごった返していました。富士山は今日も美しかった。

下山後、チェックインまで30分ほど時間調整のためにTAKAO 599 MUSEUMへ立ち寄りましたが、思いの外展示が魅力的で時間が足りなかったので、明日もう一度来ることにしました。

1日目〜2日目:タカオネ

いつもならこれで帰路につくのですが、今日はここからもうひとイベント。タカオネへの宿泊です。年末12月27日に「ぜひ宿泊してみたい」と言っていましたが、間髪入れずさっそく実行してみました。

タカオネ
タカオネ
タカオネ
タカオネ
タカオネ

狭いけれどあまり窮屈さを感じさせない絶妙な室内。コンセントは豊富ですがフリーWi-Fiがちょっと貧弱で、早朝以外はインターネット通信がうまくいかないこともありました。電気ポットはありますがお茶などはなく、湯呑みはフロントでの貸し出しになるそうです。デイキャンプのような感じで、マイカップやコーヒーセットを持ち込んでもよさそうですね。

タカオネから高尾山を望む

窓からは高尾山や高尾山口駅が見えます。

タカオネの2Fラウンジ

2Fのラウンジ。暖かく静かで快適でした。チェックイン後にあたたかい紅茶を飲みながら過ごしたのと、寝る前に読書するのに使いました。

ラウンジはテレワークプランもあるそうです。防音ブースがないのでWeb会議は難しそうかな。あとフリードリンクにコーヒーがあったら最高でしたがティーバッグの紅茶のみでした。ちなみにティーバッグ、21時過ぎには空っぽになっていました。

タカオネの焚き火

宿泊プランには、薪ひと束分の焚き火がセットになっています。高尾近辺で発生する間伐材とのことで、杉でしょうか。太い薪が多めだったのとどうやら湿っていたようでなかなか火が安定せず、消えそうになるたびに着火剤を投入したので3〜4個使いました。マイナイフを持ち込んでいたのでバトニングしまくったのとマイ火吹き棒を吹きまくったおかげで、最後に少し太薪が燃え残ったもののなんとか最後まで焚き火を楽しむことができました。

タカオネの朝食、サンドイッチボックス

朝食はサンドイッチボックスとドリンクをテイクアウト。1Fカフェスペースで食べようかと思ったらなぜかこの日はCloseだったので、部屋へ持ち帰っていただきました。

1日目 and 2日目:TAKAO 599 MUSEUM

TAKAO 599 MUSEUM TAKAO 599 MUSEUM

TAKAO 599 MUSEUMはこぢんまりしていますが高尾近辺の動植物についての美しい展示が魅力的でした。1日目は短時間かつ人も多くてゆっくり見られなかったので、ホテルチェックアウト後にもう一度立ち寄り、人が少ない時間にじっくり展示を鑑賞しました。

都心から電車で行ける近さ、駅から山までの近さ、魅力的な宿。これは癖になりそうな予感です。