ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジのログキャビンへ宿泊

  • 投稿日:

ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ

1年ぶりに凱旋シリーズの第2弾はツインリンクもてぎ「森と星空のキャンプヴィレッジ」です。1年前はテント泊だったので、今回は初グランピング!を予約したはずでした。ところがキャンプ場から電話がかかってきて「グランピングエリアを工事することになったから差額なしでログキャビンへ変更してくれまいか?」というオファーをいただきました。グランピングテントじゃないならキャンセルしようかと思ったのですが、考え直してこのオファーを受けることに。せっかくテントなしの軽装備なので、夕食のみ自炊して朝食はホテルツインリンクの「森のレストランMARCHERANT」でビュッフェを利用してみるのが今回の作戦です。

ツインリンクもてぎ
ツインリンクもてぎ モビパーク

もてぎといえばモビパーク。今回はパスポートを買ったので、子供達は乗り物に乗りまくりました。ほとんど休みなくずーっと遊び続けていたので、早起きして弁当作ってきてよかったと思いました...。11時過ぎから16時まで目一杯遊びまくりでした。

ツインリンクもてぎ 迷宮森殿ITADAKI(オープン前工事中)

2017年3月18日に「迷宮森殿ITADAKI」という新しいアトラクションがオープンするそうで、工事してました。規模が大きくて楽しめそうな予感。

ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ ログキャビン
ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ ログキャビン
ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ ログキャビン
ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ ログキャビン

そしてお待ちかねのログキャビン。ちっさいのですが、中はシンプルでこぎれいかつ可愛くまとめられていて居心地がよかったです。

ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ ログキャビン

二段ベッドという名の遊具。

ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ ログキャビン
ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ ログキャビン

今回宿泊したL01には大きめの焚き火スペースがありました。

ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ ログキャビン

屋根付きウッドデッキもあり。

ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ ログキャビン

キャンプ場のご厚意でBBQグリルもつけてもらったものの持参した炭に火が着かなくて焼肉を断念、購入した薪には火がつかずに焚き火も断念。そもそもチェックインして準備を始めたのが17時ごろと遅かったのでコーヒーを淹れることもなくキャンプらしいことは何もできず、補助用にと思って持ち込んだ白米&レトルトカレーがあってよかった、という状態でした。なんとかお風呂も済ませてようやくウイスキーお湯割で乾杯。今日はエアコンの効いた室内でゆっくり過ごします。

ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ ログキャビン

二段ベッドの下段はちょっと寒かったものの、上着を着込んだら朝までよく眠れました。

ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ

ここが工事中のエリアと思われます。従来の2倍の広さのグランピングエリアを作っているらしいです。

ツインリンクもてぎ 森のレストランMARCHERANT
ツインリンクもてぎ 森のレストランMARCHERANT

滞在中はホテルのお風呂に入り放題なのがもてぎキャンプの醍醐味。しかも今回は奮発して、朝はホテルで朝風呂からの〜レストランでの朝食ビュッフェをキメました。もう満腹。しかも今回はテントを片付けなくてもよいので、チェックアウトの11時ギリギリまでのんびり過ごしました。

ログキャビンは壁が薄いので外の音がよく聞こえる点、エアコン室外機稼動時の振動と騒音がダイレクトに伝わって揺れるのが印象的でした。あと子供が二段ベッド上段で動いたら建屋全体が揺れます。しかし木の匂いのするシンプルインテリアのナチュラルテイスト空間はとっても居心地がよかった。
そんなこんなで初めてのログキャビン宿泊。荷物が少なく、設営撤収の手間と時間もいらないしエアコンと寝具完備の快適空間を楽しむことができました。ただ「キャンプした感」はまったくないかも。たまにはいいかと思いますが、安西先生、やっぱりテン泊したいです...!