ルーラル吉瀬 フォンテーヌの森のキャビンで1泊。エアコンの効いた室内は快適すぎる...

  • 投稿日:

フォンテーヌの森キャンプ場

1年ぶりの筑波登山のあとは、クルマで40分ほど移動してルーラル吉瀬 フォンテーヌの森キャンプ場へ。登山&キャンプ、好きなんですよ〜。こちらフォンテーヌも森キャンプ場さんは2016年8月以来の2回目です。前回は午前中まで台風で土砂降りだったな...。

フォンテーヌの森キャンプ場 ウォークインキャビン

今回は真冬だし登山のあとなのでキャビンです。何がいいかってエアコン付き!暖かくて快適!引きこもりまくり!

フォンテーヌの森キャンプ場 キャビン宿泊者用駐車場

ウォークインの方を予約したので、荷降ろしのあとはキャビン宿泊者用の駐車場へクルマを移動します。

フォンテーヌの森キャンプ場でビール

そしてビール。日中は日差しが暖かくて快適だったもので。デッキでくつろいでみました。

フォンテーヌの森キャンプ場の遊具
フォンテーヌの森キャンプ場の池

ちいさい遊具と池。池があるものの、魚が釣れたことは今までに一度もないそうです。

豆乳鍋スープに鶏肉団子

夕食はいつもどおり肉を焼いたのですが、今回は冬ということで汁物も用意。豆腐豆乳鍋用のスープで鶏肉団子を煮込んだのですが、これがめちゃくちゃ美味かった!これから冬のキャンプでは積極的に鍋系を取り入れてゆこうと思います。

ところでこちらのキャビン、事前にサイトを見てもいまいちよくわからなかったのが、室内の設備です。特に寝具系は何を持ってゆけばよいのかわからなかったので、前日に電話で聞いてみました。同じように感じるかもしれないあなたのために、詳細をレビューしますね。

フォンテーヌの森キャンプ場 ウォークインキャビンのデッキ

屋根付きの広いウッドデッキにはテーブルひとつベンチひとつ、椅子4脚が備え付けられていました。椅子はキャビンごとに違う色でした。ここは青か...。デッキでは電灯が常時点灯しているので、ランタンを持ってこなくても灯りには困りません。明るいほうが好みであれば追加があってもよいかな?と思います。うちは今回ランタンは持ってゆきませんでしたが、特に問題ありませんでした。

フォンテーヌの森キャンプ場 ウォークインキャビンのベッド
フォンテーヌの森キャンプ場 ウォークインキャビンのソファベッド(展開時)

室内にはベッドひとつ、ソファベッドひとつが備え付けられています。ソファベッドは幅が広いので子供同士、あるいは大人と子供なら2人横になれるかもしれません。ベッド・ソファベッドとは別にもう一組マットが置いてあったので、4人の場合はベッドでひとり、ソファベッドに子供ふたり、マットでもうひとりといったフォーメーションになるでしょうか。シーツや掛け布団などは用意されていないので、寝具についてはテント泊と同様に持参する必要があります。うちの場合はベッドの上にロゴスの封筒型シュラフと枕元にブランケット1枚、ソファベッドの方はニトリのうっすい毛布をシーツ代わりに敷いてその上にマミー型シュラフ、枕元にブランケットという形にしました。夜通しエアコンをつけていたので、寒い思いをすることは一切なく快適に眠ることができました。夏場ならタオルケットを数枚持ち込むだけでよさそうですね。

フォンテーヌの森キャンプ場 ウォークインキャビン内部

壁にはハンガーが4つ。収納がないので地味に便利だと感じました。

フォンテーヌの森キャンプ場 ウォークインキャビンのベッド
フォンテーヌの森キャンプ場 ウォークインキャビン内部

大学時代に一人暮らしの男友達のところへ遊びに来たような感覚でしょうか。素朴な雰囲気は、悪くないと思いました。エアコンあるし。
そういえば利用可能な電源の容量は「300W」だそうです。携帯の充電くらいなら問題なさそうですが、それ以上使うとキャビン棟全体が停電するとのこと。要注意!

フォンテーヌの森、雪化粧
フォンテーヌの森、雪化粧
フォンテーヌの森、雪化粧
フォンテーヌの森、雪化粧

翌朝起きたら一面真っ白!起きるまで気づきませんでした。むしろ暑くて途中何回か起きたくらい。エアコン恐るべし!

そんなこんなで筑波登山からのフォンテーヌの森キャビン1泊の旅。充実したものになりました。登山&キャンプはまたやろう。四尾連湖とかどうかな〜?