山中湖のthe 508 CAMPで、美しい星空と富士山を堪能!

  • 投稿日:

the 508 CAMP

山中湖のthe 508 CAMPさんへ行ってきました。天気予報によると大雨から曇り、翌日は晴れの予報だったので信じてGo!

the 508 CAMP
the 508 CAMP

撫岳荘という宿泊施設に併設されているキャンプ場です。受付はお洒落なカフェの一角。薪や炭も販売していました。

the 508 CAMP フリーサイトB-2

こちらは全面林間の傾斜地にあるフリーサイトで、今回は最上段のサイトB-2を利用しました。B-2はトイレまでは大人の足で徒歩2分くらいとちょっと遠目。その分人通りは少なめだし平坦で、建物の屋根越しに山中湖、木々の間から富士山を望むことのできるサイトです。Bサイトは基本的に斜面多めのようでしたが、キャンピングカーも入れるサイズのところもあっていろいろな楽しみ方ができそうです。土壌が火山灰由来なのでしょうか、とっても水はけがよくて、利用した日は大雨で一部に水たまりができていましたが、止んだあとはすぐに水が引いていたのが印象的でした。

雨上がりの山中湖と富士山

12時過ぎにチェックイン。設営時は雨でその後も強い雨が降り続いていましたが、寒いのでシュラフで昼寝をしていたらいつの間にか雨が上がっていました。17時頃には美しい夕焼け空が!

the 508 CAMP
the 508 CAMP

やっぱり晴れると嬉しい。このあとはずっと晴れて、焚き火をしながら満点の星空を楽しむことができました。

実は今回忘れ物が多くて、自分史上最大のピンチに陥りました。子供が自分用のスマホとマスクを忘れたのはいいとして(マスクはぼくの予備を貸した)

  • Apple Watch
  • 自分用のコート(防寒着)
  • 調理器具や食器カトラリー、ガソリンストーブとホワイトガソリン、ブランケットなど生活用品一式の入った無印ボックス
を忘れました。防寒着を忘れるのはソレイユの丘以来2回めです。今回は3月とはいえ山中湖。寒さのレベルが違います。幸い今回も山用ザックの中に常備していたフリース&ダウンジャケットのおかげでなんとか寒さを凌ぐことができました。あぶなかった。

もうひとつ困ったのが、調理器具がまったくなかったこと。朝食用のパンは持ち込んでいたものの、温かい飲み物や食べ物がないのはちょっとつらい。キャンプ場のスタッフさんに聞いたら売店では売っていないが、車で片道10分ほどのオギノ山中湖店さんならシェラカップくらいならあるだろうと教えていただいたので、昼寝前にひとっ走り行ってきました。

CAPTAIN STAG ステンレス ビッグシェラカップ630ml (ブラック)

無事にシェラカップをゲット。CAPTAIN STAG ステンレス ビッグシェラカップ630ml (ブラック)です。もうひとつスプーンを購入し、今回はシェラカップふたつと水筒の蓋、スプーン1本でなんとかしのぎきりました。これだけでもコーヒー、スープ、カレーライス、焼き餃子と予定通りの食事を摂ることができました。

山中湖と富士山、朝

そして翌朝。なんと美しい風景。一晩越すことができてよかった...!

自分の不注意から予期せぬミニマムキャンプを強いられましたが、意外となんとかなったし楽しかった。ソロや2人のときはもっと荷物を減らせるってことですね。勉強になりました。