2020年を振り返る

  • 投稿日:

行き止まりなう

2020年は後に語り継がれるであろう大きな災厄の年になりました。未知のウイルスとの戦いは、まだまだ先が見えない状況が続いています。感染しにくい・感染を広げにくい過ごし方も明らかになっているので、自衛できるところは自衛しつつ、慎重に暮らしてゆきたいと思います。個人的にはテレワークが成り立つ職業や場所、文化の中で暮らせていることはとても幸運で、幸せなことだと思います。

おうち時間・テレワーク

コロナ禍による在宅テレワークの影響で、自宅がいろいろと充実しました。緊急事態宣言などもありこれまでになく長時間自宅で過ごすことになったのですが、そのおかげでこれまでなら気にならなかったところが気になったり、より快適に過ごしたいという欲求が高まる、家への愛着が増すといったことがあったのだと思います。

年末にははじめて自発的に「細かいところまで大掃除しよう」という気にもなりました。これまでならたまの連休は用事・作業ではなくレジャーに使いたいという気持ちが強かったように思います。しかし通勤に費やしていた時間を日々の掃除や片づけに使えるようになったために休日にそれを溜め込むことがなくなり、そのため休日をフルに休日らしく過ごせる余裕が生まるといった好循環が生まれたように思います。コロナ禍は不測の事態ではありましたが、こうした点はあえてポジティブな側面として記録しておきたいと思います。

子供の旅の予定や修学旅行が中止になるなどCOVID-19に振り回されまくった1年でしたが、そんな中でも子どもたちと数回旅に出られたのはラッキーでした。マイカーがあってよかったというか。来年はどうでしょう、また様子を見ながら出かけられるといいな。

モータースポーツ

2020年はF1開幕戦の「2時間前ドタキャン」に始まり、各シリーズ夏までシーズンが開幕しない、しかし12月までかけてなんとかシリーズを成立させるという形で、このスポーツを支えるたくさんの関係者やファンたちの大きな意思・力を感じたように思います。個人的には応援している佐藤琢磨選手2度めの偉業が最も大きな話題でした。残念なニュースはHondaのF1撤退。ようやく年間チャンピオン争いができそうな雰囲気が高まってきたタイミングでまた撤退とは...。前回の撤退→ブラウンGPワールドチャンピオンの経験がまったく生かされていない。2021年からのF1昇格を決めた角田選手には、Honda F1の歴史をつなぐ何かしらの奇跡を期待したいと思います!

これ以外には子供の影響でTWICE, NiziU, 米津玄師さんやLiSAさんの音楽を楽しむ、鬼滅の刃に触れるなど流行のエンタメもそれなりに楽しむことができました。

さて2021年はどうしましょうかね。いま仕事についてはものすごく前向きで心身ともに充実してきているので、仕事に全力投球して結果を出したいと思います。もちろん趣味でありライフワークでもある「キャンプと登山とモータースポーツ」も続けて楽しみます。